30
2016
11

レーダーDiaMaster钻霸シリーズ透かし彫り初回限定版の腕時計

 1986年、RADOスイスレーダー手本先にハイテクセラミック導入タブ業、ハイテクセラミック研磨黒すなわちスイス表スタイル絶好の推薦レーダー。つるつるなめらかで、輝く腕の間に加え、風がシンプルなDiaMaster钻霸シリーズのケースは、よりスイスレーダー表スタイル意匠大作の最優秀演繹。五列ハイテクセラミックさえ時計の鎖の研磨と輝くつや消し鎖リンクさせ、質感に倍増し、さらに複雑なプロセスの魅力的な気質を引き立たせる。
「プラズマ」はRADOスイスレーダー表DiaMaster钻霸シリーズのキーワードの一つ、このシリーズを持って二十項計を採用したという画期的素材の腕時計、腕時計を含む2項の新しい透かし彫り。DiaMaster钻霸シリーズプラズマハイテクセラミック透かし彫り腕時計の1元セラミック部品の人は一体成型のケースは、表冠は単独の鎖リンク――は、白いハイテクセラミックで作り上げ。すべてのパーツ経つや消しあるいは研磨処理後に置かれ、プラズマハイテクセラミック焼結炉にプラズマハイテクセラミックに900℃の時、独自の暖かい灰色金属光沢を内部からゆっくりと外へ出。

30
2016
11

オーデマピゲロイヤルオークオフショア型自動的に陀フライホイールクロノメーター

 直径42センチメートルのケースデザイン達成1項難攻不落の贅沢な運動の腕時計。生地強靭な精鋼内の枠組みが完璧な干渉抵抗磁場;被覆ゴム、コーディネート護橋の表の冠、ボタンや、ネジのベゼルを確保した万に一つの失敗もないの防水機能、ケースを大量に使用金属材質を搭載した腕時計を自動的に言及し機械ムーブメントに信頼できる保護。
Royal Oak・オーデマピゲロイヤルオークオフショア型シリーズはすぐ時計ファンの支持を獲得した、今では現代のタブ領域の典範;それは風に何度も新たに経て演繹して、なかなかそのコアの本質を守る。
最も印象的な一度の変革が2010年には、ブランドとして初のRoyal Oak・オーデマピゲロイヤルオークオフショア型クロノメーター陀はずみ車、手動でチェーン機械ムーブメントを搭載し、ケースは鍛造炭素やセラミック素材制作。
4年後の今日、オーデマピゲ時計は傲然として発表Royal 1項の新しいOak・オーデマピゲロイヤルオークオフショア型クロノメーター陀はずみ車を搭載し、特別の設計した最新Calibre 2897自動的に機械ムーブメント。
この腕時計のようCalibre 2897ムーブメントに強大で、それは335枚構成部品、精密機械の構造を通しサファイアクリスタルサンプ丸見え。この機械は本当に精密機械芸術の傑作と言える、1枚の部品はすべて手作業で切断、研磨、面取りと装飾、それによってついたての神の凝固の光の効果を造営して。
機械構造の角度、Calibre 2897ムーブメントの表現も衆人より一段優れている:圆纹サテン研磨、PT950プラチナ製のサラウンド式半円振り子陀を自動的にシステムが絶え間なくの動力を提供する。セットの詳細と併は、文字1時1時位置の窓には。
陀はずみ車やとみなされて確実に正確なクロノメーターポスト輪メカニズムのため、金の腕時計の精度を二重に保障を提供します。美しい腕時計動力システムを守るために、特別にOakオーデマピゲ時計Royal・オーデマピゲロイヤルオークオフショア型ケースを改善して、使用に現代風で、黒を基調とした素材制作:鍛造炭素のケースは、セラミックベゼル、チタンと陶磁器のボタンやラバーバンド。Royal Oak・オーデマピゲロイヤルオークオフショア型自動的にフライホイールクロノメーター陀を完璧に融合卓越したタブ伝統とハイテクの理念の模範の作。

30
2016
11

ラルフローレンあぶみ系列腕间出彩缤纷盛夏

 Ralph Lauren Stirrupシリーズ腕時計配備精鋼フェイスを設置している三種類のサイズをのみ表示時間やクロノグラフ機能の表項。ケースのあぶみコーディネートが同じあぶみ形のバックルで、バンドも真似馬術設備:ケース下を通って、革ケースを持っては上部固定バンドで再現鞍の輪郭、令あぶみ図案もっと複雑化。
カラフルな真夏Ralph Lauren Stirrupシリーズの腕の間の世界
今夏のじゅうに項が鮮やかに色のカーフやワニ皮バンド、組み合わせのサイズのStirrupシリーズ精鋼文字盤腕時計、1本のバンドも取り外し可能独自の組み合わせを替えて、同じ金の腕時計も見せて違う気持ちと個性を彩る。
枚の赤い、ミカンオレンジ、ライトイエロー、雅白、薄い緑、靑、緑、蜜ブラウン、シナモンシュロ、イギリス緑、コバルトブルー、フランス靑、酒赤い;一項の色は、ブランドの創始者Ralph Laurenさんが自分で見て選ぶ検査。

29
2016
11

オーデマピゲお祝い新しいブースは2014年香港バーゼル芸術展で盛大に開幕

 オーデマピゲひ孫及び取締役会の創始者としてメンバーのOlivier Audemars歓迎賓客に、「芸術はオーデマピゲブランドの重要な構成部分であり、のインスピレーションの源。私たちはずっと芸術と表製表との接続を強調し、この2つの世界は共通の価値観、熱誠、尊重と正確さを尊重します。私たちは、バーゼルとの芸術展と長期的な協力関係を確立することを喜んで、私達と現代芸術はもっと緊密に連絡することができます。」
両アーティストも同席したパーティー客を見て、このオーデマピゲブースの新しいコンセプトのうち、オーストリア映像芸術家Kurt Hentschlägerの作品「MEASURE」はトリプルのついたての方式が現れる。パーティーの期間中、ゲストとともに鑑賞した会場でアーチ型天井の光を投影投影の霊感からKurt Hentschlägerのビデオ。そしてもう一つ注目の作品は、版画芸術家からSoilworm Lai制作の大紙の彫刻、その設計から源を発してフランスデザイナーMathieu Lehanneur新しくオーデマピゲブースの理念の解釈。
オーデマピゲブランドはご月じゅうよん日水曜日香港でバーゼル芸術展のコレクターお母新しい開幕フランスデザイナーMathieu Lehanneurブランドの創作の新しいブースとしながらも、開幕オーストリア映像芸術家Kurt Hentschläger制の最新映像作品。月にはごじゅうご日木曜日、セレブなや慈善家徐子淇さんをつけているのを象眼900のダイヤのロイヤルオークシリーズバラの金とOlivier Audemarsやオーデマピゲクロノメーター香港及び中国行政総裁ヴァン衛さん(David von Gunten)と一緒にパーティーに参加した。徐子淇さんと彼女のさん李家诚さん——恒基兆业産の創始者の子も、オーデマピゲの忠実なコレクター。
フランスデザイナーMathieu Lehanneur科学、自然と技術の範疇にヒントを得て、誕生「MINERALラボ」のデザインコンセプト。応用からハイテクガラス立方利用考古ステップと高いリソグラフィ技術をは侏羅穀(Vall E eのJoux)のスイス古い岩石の形でLehanneur Mathieuように精確なタブ技術探求と自然に関するテーマ、それによって自分の新しいバージョンを創作。Mathieu Lehanneurの設計をたくみにブランドの発祥地の自然景観を持って2014年度世界各バーゼルアートフェアに。

29
2016
11

大画面週迅演じるほか筆頭の映画人のファッションの「表」情

 今回は特に撮影の腕時計大作で、週迅は白黒の二種造形解釈彼女の心の中に愛着を時計の高貴とオーラ:レースの彼女小黑裙熱情で感動させて、組み合わせIWCポルトガル自動時計红金版(型番:IW500113)、指先に成熟して優雅で、ガス電解大まるで女王です;白いドレスのスカートに着替え、戴カウントダウンにIWCポルトガル時計全ドリル項(型番:IW371475)、彼女は「精霊最優秀出演女優」の魅力は、岩グレー文字盤と輝くダイヤモンド引き立てまぶしい。

29
2016
11

生活はどこにもいない腕時計を見ていて

 戴表はないとは思わないと腕時計に関係なく、近年、腕時計ブランドの製品の分枝は絶えずに生活の中の各分野の伸び、スキー、オートバイ、携帯電話、筆記用具今年バーゼルジャック徳羅発売のサイン機械、腕時計の伸びはすでにゆっくりと内に生活のシンボルとして、一歩一歩「占領」私達の生活。
プライベート執事:ハウ携帯
豪雅出したこのハイエンド携帯ではない機能によりいま流行のスマートフォンが、専属のプライベート執事サービスは絶対に高品質の体現生活まで、航空券、1枚のコンサートチケット、大家族の事務、電話も出来る。

28
2016
11

セイコー ブライツのアンバサダーにFC東京 武藤嘉紀選手を起用

 

2015年2月23日、セイコーウオッチは男性向けの主力ブランド「セイコー ブライツ」の新しい広告キャラクターとして、FC東京FW・武藤嘉紀選手と契約し、東京・銀座の和光本館で「SEIKO ブライツ 新キャラクター契約 記者発表会」を開催した。

「ブライツ」とは「BRIGHT(聡明で輝いている)」と「Z(追求、ありつづける)」を組み合わせた造語。近年、個々のライフスタイルを豊かにする嗜好性の高い「モノ」へのこだわりが高まる傾向にあるなかで、セイコーが目指す「革新と洗練」を具現化した主力ブランドだ。武藤選手のフレッシュでチャレンジ精神旺盛なキャラクターは、上昇志向の強い次世代リーダーに向けて、先進技術により「時計としての心地よさ」を追究する「セイコー ブライツ」のイメージとも一致する。

28
2016
11

アヴァンギャルドなイタリアンテイスト

 

「セイコー アストロン」はGPSからの信号を受信し、自動的に時刻を補正する、GPSソーラー電波腕時計の新時代を切り開くモデルとして2012年に初登場した。かつて1969年に世界の時計業界を震撼させた世界初のクォーツ「アストロン」の名を継承し、「第2の時計革命」となるモデルだ。

小型化しクロノグラフ機構の搭載を果たした第2世代モデル「8Xシリーズ」が現在発売中だが、そこへさらにビッグニュースが飛び込んできた。デザイン界の巨匠、ジョルジェット・ジウジアーロ氏が率いるジウジアーロ・デザインが手がける限定モデルが「アストロン」に登場するというのだ。

28
2016
11

ハイテックアートモデルSISTEM51 バージョンII ニューモデル登場

 

2014年に4モデルが発表された機械式ムーブメントのSISTEM51。1983年にスウォッチが発表した、51個のパーツからなるクォーツ腕時計にちなみ、本シリーズも51個のパーツで作られている。

製造を完全に自動化することで、従来の機械式腕時計のムーブメントと比べ、半分の数のパーツでの製造を可能にしたSISTEM51。パワーリザーブは約90時間、各パーツを密閉することでほこりなどの異物が混入するおそれもない。日差はマイナス10秒~プラス10秒。

バージョンIIとしてあらたにデビューする5つのモデルは、ブルーの文字盤にピンクとイエローを使用した、スウォッチらしいカラフルな「システム・ピンク」や、グリーンとオレンジのコントラストが鮮やかな「システム・グリーン」など。デイト表示が3時または6時の位置にあるのが特徴だ。

25
2016
11

カルティエの伝統を継承したコンプリケーションモデル

 

全ジャンルで圧巻の新作を展開した2014年のカルティエ。ミステリーウォッチに代表されるアートピースを筆頭に、美を極めたハイジュエリーモデル、永久カレンダーやトゥールビヨンなど革新のメカニズムを搭載した複雑時計が続々と登場。今年はさらに、カルティエとして初となる300m防水の本格メンズダイバーズウォッチを披露するなど、時計愛好家を唸らせた。

宇宙を彷彿とさせるアストロカレンダー&フライング トゥールビヨンモデルを筆頭に、どれをとっても見逃せない逸品揃いとなった今年の複雑時計のラインナップ。その中で、ぜひ注目して欲しいのが、ラピスラズリ文字盤のブルーの輝きが美しい、このデュアルタイム&ムーンフェイズ機構付きのトゥールビヨンだ。

25
2016
11

「ブライトリング・フォー・ベントレー」は今年で誕生10周年

 

新装された2013年のバーゼルフェア。圧倒的な数の新作モデルで、会場を訪れた世界中の時計バイヤーやファンを魅了した「ブライトリング」。どれも魅力的なモデルばかりで全部をご紹介できないのが残念だが、その中でもトピックとしてお伝えしたいのが、次の3つ。

まずひとつ目が、ブランドコンセプトにもっとも忠実ともいえるシリーズ、強靭さ、機能、精度を徹底的に追求した、現代的で精悍なデザインの「アベンジャー」「スーパーアベンジャー」の完全リニューアル。ふたつ目が、日本が誇る「ブルーインパルス」をはじめクロノマットの各国空軍エア・アクロバットチームとのコラボレーションモデル、久々の登場。そして3つ目めが、ラグジュアリーでスポーティなプレミアムカーブランド「ベントレー」とのパートナーシップで誕生した「ブライトリング・フォー・ベントレー」が誕生10周年を迎えたことだ。

25
2016
11

宇宙を飛んだ歴史とそのスタイルを継承

 

1962年5月24日、スコット・カーペンター空軍少佐の腕に巻かれて宇宙船「マーキュリー・アトラス7号」で地球を3周回ったという特別な歴史を持つ「ナビタイマー コスモノート」。ブライトリングの数あるパイロットウォッチの中でもこの特別なストーリー、航空用計算尺と24時間表示ダイヤルを備えた伝説のパイロットモデルのオールブラックバージョンだ。

漆黒の文字盤とラバーストラップが、宇宙空間を彷彿させる。そして搭載ムーブメントの「キャリバー02」は、ブライトリングの自社製ムーブメントの中でも希少な手巻き仕様。2013年の新作の中でも、ブライトリングファンから熱い視線を浴びる数々の“ブラックスチール”限定モデルの中でも、もっともクラシックで精悍な1本だ。

24
2016
11

セイコー腕時計100周年を記念した限定コレクション

 

「グランドセイコー」の魅力は、スイスに追いつけ追い越せとムーブメントの設計者や時計技術者たちが造り込んだ高精度の機械式ムーブメントと、1960年代当時、セイコーのチーフデザイナーを務めた田中太郎氏により確立された“セイコースタイル”にあるといっても過言ではない。

世界のどんなウォッチとも違うデザイン文法により作られた、シンプルで機能性に富むセイコーの腕時計。宝石のように美しく、しかも時刻がハッキリと読める希有なスタイル、そしてそれを実現させる職人技による芸術的なケースの仕上げ加工は、メイドインジャパンの真骨頂だ。

24
2016
11

創業者の名を初めて冠した、精悍なブラックモデル

 

現在販売されている腕時計で唯一、世界にある全39のタイムゾーンに対応した世界初のGPSソーラーウォッチの特別限定モデル。

セイコーグループのエプソンが開発した内蔵の超小型GPSモジュールは、地上から約2万キロ上空にあるGPS衛星からの信号を受信、経度・緯度・高度情報と時刻情報を取得。これまでの電波腕時計が時刻修正に最短でも約120秒もかけて時刻を修正するのに対して、最短だと6秒で時刻情報を受信。さらに最短30秒で位置情報も取得して、地球上での現在位置を確認した上で確実に秒単位まで正確な現在時刻を表示する。

24
2016
11

洗練された内装の店内にオメガ新製品がいち早く登場

 

名古屋市を拠点にオメガをはじめ、さまざまな時計ブランドの時計を取り扱い、国内最大級の品揃えを誇る「TANAKA」。これまでの丸の内店からほど近い、セントラルパークの豊かな緑を臨む久屋大通沿いに移転。店名も「久屋大通店」に変えてグランドオープンする。

時計専門店として西日本最大のスペースを誇るオメガコーナーでは、2013年の新製品がいち早く登場。オメガの幅広いラインナップを手に取ることができる。

洗練されたラグジュアリーな内装とパーソナルなサービスでより、心地よく贅沢な空間が生み出された「TANAKAウォッチギャラリー久屋大通店」。オメガコーナーでその豊富な品揃えを堪能するとともに、お気に入りのタイムピースと出会いたい。

23
2016
11

緻密な計算でダイヤモンドをより美しく輝かせるよう設計

 

2013年3月1日(金)にカルティエから発売される新作ダイヤモンドリング、「カルティエ デスティネ」。“運命”や“宿命”という意味をもつフランス語を冠したこのリングは、美しい光彩を無限にを放つ。

その美しさを引き出すため、爪は一切見えないよう、そしてより多くの光を取り込めるようセンターダイヤモンドは一段高くするなど緻密な計算のもと、最大限に光をとらえ、屈折させるよう設計。こうしてセンターストーンはパヴェダイヤモンドが精緻にセッティングされたクラウン部分で光のオーラを纏い、サイドにレースのようにちりばめられた大小のブリリアントカットダイヤモンドのきらめきのなかでその輝きをほとばしらせるのだ。

23
2016
11

神秘的なコレクションの世界観をジュエリーでも表現

 

ニューヨークファッション界において、いまもっとも才能ある新人デザイナーのひとりとして活躍しているタクーン・パニクガル。2009年にタサキのクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、タサキの象徴であるパールにモダンで斬新な感性を取り入れ、現代にふさわしいラグジュアリーアイテムをつぎつぎと生み出しているのは記憶にあたらしい。その彼自身の名を冠するブランド「タクーン」のNYコレクションにおいても、たびたびモデルがタサキのジュエリーを着用して登場。ジュエリーの枠にとどまらない表現を切り開いている。そして、先日おこなわれた「タクーン」2013秋冬NYコレクションでも、タサキのゴージャスで華やかなイヤーカフをモデルが着用して登場した。