20
2016
07

カフェの新作展示会、開催終了まであとわずか!

 ポップなデザインで愛されている「DIESEL TIMEFRAMES」の腕時計。今秋登場予定となる最新作の展示会が、現在東京と大阪にて開催され好評を博している。計6カ所で展開されるエキシビジョンは、めずらしいカフェでの開催スタイル。店内は2010年にDIESELが「自分を信じて立ち向かう」というメッセージを込めて発表した広告キャンペーン「BE STUPID」の世界観で演出されている。2010年に発表されてまたたく間に世界中で話題を呼んだ大胆なビジュアルの数々を、時計とともにじっくりと目にすることのできるチャンスだ。これらのブランドアイデンティティを語る最新ビジュアルにくわえて、スタッフが新作コレクションを身に着けていたり、用意されるコースターもDIESEL TIMEFRAMESのオリジナルであったりと、カフェだからこそ展開される個性的な趣向も満載。偶然訪れた人もみなゆっくりとお茶を飲みながら、ウォッチの世界を自由に楽しんでいるという。こんなユニークな体験に触れられるのもあとわずか。近くの店舗にぜひ足を運んでみたい。

20
2016
07

細部に工夫をほどこしたリニューアルモデル

 

昨年大幅なリニューアルを受け話題を呼んだダイバーズウォッチ・コレクション「アクアタイマー」が2010年のいま、ぞくぞくと日本に入荷中だ。

なかでもぜひ手に取りたいのが、写真の「アクアタイマー・オートマティック 2000」。これまでのインナーベゼルをアウター回転ベゼルへと変更した、2000メートルの防水を誇るモデルだ。ダイバーズモデルにはヘリウムガス排出バルブを搭載することでケースの破損を防いでいるものが多いが、このモデルはケース自体を強固にすることで故障の可能性があるバルブを用いていない。サテン仕上げのケースにくわえて、ベゼルのサイドには傷のつきにくいポリッシュ仕上げを採用した。

19
2016
07

オートクチュールのジュエリーブランド「LUCIE」が

 

1人ひとりに合わせて仕立てるオートクチュールをコンセプトとするジュエリーブランド「LUCIE(ルシエ)」が、このたび横浜桜木町駅前に誕生する「Colette・Mareみなとみらい」に3月19日(金)グランドオープンする。

オートクチュールデザイナーがお出迎え

デザインや品質にこだわり、身に着けるひとをより美しく見せられるよう1点ずつジュエリーを作ることをコンセプトにしているジュエラー、「LUCIE(ルシエ)」。今回あらたにオープンする横浜みなとみらい店においても、常時オートクチュールデザイナーに出迎えられ、アイボリーとダークブラウンが落ち着く優しい空間で、世界にひとつだけのジュエリーを作ることができるという。

19
2016
07

モードに融合するジュエリー、AS collectionの魅力

 強いフィロソフィーをもつジュエリーは、身にまとうひと自身の輝きをも引き出すものだ。AS collectionが打ち出すジュエリーのひとつひとつはエッジィなセンスに満ちていて、まるで私たちにジュエリーをもっとファッションとして着けることへの楽しみを教えてくれるかのよう。今までのメンズジュエリーに対する概念をがらりと変えてしまうような、そんな強さを秘めたAS collectionというブランドの世界観。革新的ジュエラーがいまこそ発信しようとしていることを、ここで紹介する。

19
2016
07

トゥールビヨンにくわえて、レトログラード・デイト機構を搭載

 まるで空中に浮いているように見える、1分間に1回転する12時位置のトゥールビヨンで2008年のS.I.H.H.の話題をさらった「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール」の後継・発展モデル。トゥールビヨンと3時位置のパワーリザーブ・インジケーターにくわえ、7時と8時のインデックスのあいだに回転軸をもつレトログラード・デイト機構をあらたに搭載。レトログラード針は1日から31日を表示し、31日から1日を迎えたときに自動的に1日にリセットされる。特筆すべきは、小の月や2月に必要になる日付の早送りをはじめ、すべての操作がリュウズひとつで可能なこと。またあらたにレトログラード・デイト表示機構を追加しながら、「トゥールビヨン・ミステール」同様に7日間のロングパワーリザーブ(フル巻き上げ状態なら静止状態でも高い精度で7日間は動きつづける)を実現している点もすばらしい。

18
2016
07

スウォッチのクリスマスモデル「SEASON'S LIMITED 2015」 - 日本限定260本

 

スウォッチ グループ ジャパンのスウォッチ事業本部は11月5日、クリスマス限定モデルの「SEASON'S LIMITED 2015」を発売する。世界限定8,888本で、日本では限定260本となる。価格は14,040円(税込)。

  
SEASON'S LIMITED 2015
 
今回のSEASON'S LIMITED 2015は、スノーマンやクリスマスツリーのイルミネーションをストラップにデザイン。クリスマスらしくカラフルに彩った。ダイアルはゴールドのミラー仕上げ、インデックスには星のモチーフを散りばめ、聖夜に輝く星をイメージしている。パッケージは、ゴールドに赤い文字でSWATCHロゴとシリアルナンバーが入ったスペシャル仕様。

18
2016
07

女性向けソーラー電波ウオッチ「iO」クリスマス限定モデル

 

「iO」は、オリエント時計の部門を越えて集まった女性スタッフが立ち上げたブランド。「iO」はイタリア語で「私」を意味し、「私の大切なもの、私の好きなもの、私のこだわるもの」をブランドコンセプトに展開している。

今回のクリスマス限定モデルは、コスチュームジュエリーをデザインモチーフとして、知的でフェミニンな印象のピンクゴールドトノー型ケースを採用。インデックスにはピンクのグラデーションを描く3色のスワロフスキー・クリスタルを配し、アクセサリー感覚のブレスレットバンドとした。ケース素材はステンレススチール(ピンクゴールド色めっき)、ケースサイズが縦35.2×横27.6×厚さ9.3mm、風防はカーブクリスタルガラス、防水性能は3気圧。

18
2016
07

スント、ネパールのシェルパを支援するGPSスポーツウオッチ限定モデル

 

今回の限定モデルは、2015年4月のネパール大地震で被災したヒマラヤ登山の案内人、シェルパ達をサポートするために誕生した。売り上げ金額の一部を、国際赤十字・赤新月社連盟を通じてシェルパ達へ寄付する。

ベースモデルは、GPSスポーツウオッチ「AMBIT3 PEAK」だ。限定モデルでは、オフブラックに塗装されたアルミ製ベゼルや、文字盤の12時位置にネパール国旗をあしらった。

機能面はAMBIT3 PEAKに準ずる。高精度のGPSチップによって、移動の軌跡・速度、距離、ルートナビゲーション、3Dコンパスなどを実現。気圧情報や高度計といった機能も備える。本体にはモーションセンサーも内蔵しており、スイム時のストローク数やランニング時のケイデンス数なども計測可能。ランニング、スイミング、サイクリングといったマルチスポーツで使えるほか、一日の消費カロリーといった活動量計としても利用できる。

16
2016
07

BASELWORLD 2015 - 新ムーブメントで栄光の歴史と未来を語るハミルトン

 

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2015」。HAMILTON(ハミルトン)は新ムーブメント3種を発表。高機能と卓越したデザインを併せ持つ自動巻2種と、クロノグラフとワールドタイマーを併せ持つユニークなクォーツだ。

それらを、ブランドを代表する伝統のシリーズのもっとも注目すべき新作に採用した。この新ムーブメントが、次世代のハミルトンを前進させる主動力と位置付けられていることは想像に難くない。なお、記事中の価格はすべて予価、税別価格となる。

16
2016
07

世界陸上2015北京とシリーズ20周年記念の限定スポーツウオッチ

 

セイコーウオッチは5月20日、スポーツウオッチシリーズ「セイコー プロスペックス」の「スーパーランナーズEX」から、「IAAF世界陸上2015北京」開催を記念した限定モデルを発表した。6月6日から発売する。ラインナップと税別価格は、ソーラー充電機能搭載モデル「SBEF033」が17,000円、視認性を高めた大画面モデル「SBEG013」が16,000円だ。いずれも限定1,000本となる。

  
左がソーラー充電モデル「SBEF033」、右が大画面モデル「SBEG015」
 
IAAF(International Association of Athletics Federations)世界陸上は、1983年のパリ大会からスタート。セイコーは30年にわたってIAAF主催の大会を支援しており、最先端の技術を応用した様々な計時システムを開発してきた。2015年8月に北京で開催される「IAAF世界陸上2015北京」においても、オフィシャルタイマーとして大会を支援。今回の限定モデルは、IAAF公式の限定ランニングウオッチとなっている。

16
2016
07

スマホ連携の時計を持って世界一周! オジサン二人珍道中! - 第2回【ヘルシンキ編】

 「世界各地で何か面白いことをする」という、まるで雲をつかむような企画のままスタートした世界一周の旅(旅なのか?)。最初の目的地は、フィンランドのヘルシンキ。だが、我々はトランジットするだけ。この時間で何ができるのか? 機内で千思万考するも何も思いつかないまま、我々を乗せた便は無情にもヴァンター空港へと着陸するのだった。

ヘルシンキまでの飛行時間は、日本の成田空港から約10時間30分。機内では、日本で劇場公開されなかった映画「ヒックとドラゴン2」を観たり、腕がろくに動かせないほど狭いエコノミーシートに身を収め自分で作る「AIRモスバーガー★JALスペシャル」と格闘したりしながら過ごした。

15
2016
07

オメガ、「スピードマスター スカイウォーカー X-33」の限定モデル

 

オメガの腕時計「スピードマスター」から、世界限定1,924本の「スピードマスター スカイウォーカー X-33 ソーラーインパルス リミテッドエディション」(Ref. 318.92.45.79.03.001)が登場。税別価格は540,000円だ。

  
スピードマスター スカイウォーカー X-33 ソーラーインパルス リミテッドエディション(Ref. 318.92.45.79.03.001)
 
「ソーラーインパルス」は、太陽エネルギーのみを利用した航空機で地球一周を目指すプロジェクト。オメガは2006年から、ソーラーインパルスのチームに対して専門的な技術を提供している。

15
2016
07

エドックス、北極チャレンジを支えるダイビングウオッチの復刻モデル

 

スイスの時計ブランド「EDOX」(エドックス)は2月16日、北極での過酷なチャレンジを支えるために誕生したダイビングウオッチ「ハイドロサブ オートマチック」を発売した。ダイアルカラーの違いで2モデルを用意し、税別価格はともに205,000円。なお、2015年4月30日までは、22店舗限定の先行販売となっている。販売店舗はエドックスのWebサイトを参照いただきたい。


 
ムーブメントには自動巻の「Edox80」(セリタ200ベース)を採用。ケース素材は16Lステンレススティール、ケース径は46mm(リューズプロテクション含め49mm)、風防ガラスは無反射コーティングのサファイアクリスタルだ。ストラップは、ステンレススティールブレスとラバー(Dバックル付き)の2本セットとなっている。

15
2016
07

シチズンの女性向け腕時計「wicca」、女優・有村架純さんとのコラボ第2弾

 

シチズン時計は、10代~20代の女性に向けた腕時計「wicca(ウィッカ)」の新製品として、女優・有村架純さんとのコラボレーションモデル第2弾を発表した。3月の発売を予定しており、税別価格は39,000円だ。初回限定の2,500個には、有村さんのサインとイラストがプリントされたスペシャルBOXが付いている。

    
女優・有村架純さんとのコラボレーションモデル第2弾(KL0-014-97)
 
今回のコラボレーションモデル(KL0-014-97)では、「ときめくとき」がテーマ。「女の子の願いが届きますように」という思いを込め、有村さんが大好きというモチーフの「星」を、白蝶貝の文字板やバックルなどにデザインした。また、1ポイントでスワロフスキー エレメンツをあしらっている。

13
2016
07

10年以上のプロジェクト! オリス35年ぶりの自社製ムーブメント

 

110 Years リミテッドエディション

10日間のパワーリザーブと、特許を取得したノンリニアパワーリザーブインジケーターを搭載した手巻ムーブメント「キャリバー 110」を搭載。ノンリニアパワーリザーブインジケーターの意義を物語るのは、3時位置のパワーリザーブゲージだ。残量表示ゲージの間隔が「10」から「1」に向かってカウントダウンしていくとともに、次第に広がっているのが分かるだろう。

    
110 Years リミテッドエディション(SSケースモデル)
110 Years リミテッドエディション(18Kレッドゴールドモデル)
 
これは、巻き上げ残量が減るにつれて針が速く動くため。「ユーザーは、残量が多いときより少ないときのほうが、より残量=巻き上げタイミングを詳しく知りたいはず」というオリスの考え方が表れている。

13
2016
07

人気のISSEI MIYAKE「W」に39mmケースモデルが登場!

 

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2014」。セイコーインスツル(SII)の時計事業部門は、今回から2013年7月に設立した新会社「セイコーネクステージ」として出展。看板ともいえる「ISSEI MIYAKE」をはじめ「ALBA」「WIRED」「appetime」「SOMA」といったブランドのグローバル展開・発信を強化していく考えだ(以下、写真をクリックすると拡大表示)。

 
ワイアード「REFLECTION(リフレクション)」BASELWORLD 2014 限定モデル

13
2016
07

トリプルセンサー Ver.3 ~ 腕時計の性能と可能性を飛躍的に高める技術

 

「次に私たちがやるべきことは、さらなる小型化と薄型化、センサー性能の向上でした。しかし、その時点で既存のモジュールは、もはや進化の限界に達していました。さらに前へと進むためには、もっとも基本的な部分を刷新する必要があったのです。」

と、カシオ計算機 時計事業部 モジュール開発部 モジュール企画室の牛山和人氏は語る。彼自身、やはりケースはまだ大きいと思っていたし、高度計の分解能が5m刻みであることや、方位計の計測が20秒間しかできないことにも不満があった(高度計はもっと細かく、方位計はもっと長く)。