11
2016
07

プロ野球選手の時計を追えっ!②~山田哲人編~

 

2010年ドラフト1位入団、2014年には日本プロ野球における日本人右打者シーズン最多の193安打を記録しました。
そして2015年にはこの年の新語流行語大賞に輝いた【トリプルスリー】を65年ぶり史上3人目として達成しました。
また、日本プロ野球史上初の本塁打王・盗塁王の同時獲得を果たしました。
背番号23からミスタースワローズ「1」へ
【プロ野球】山田、6年目で2億円到達 イチロー、松井に並ぶ - 産経ニュース (33835)

11
2016
07

【オシャレ女子の腕時計・第2弾】Kate spade (ケイト スペード)の魅力

 時計はシンプルですが、リボンをモチーフにしゴールドの縁取りをした可愛らしいモデルです。文字盤に数字がなくシンプルですあり、スペードのマークがポイントです。普段使いでもお仕事をしている女性の手元にあっても非常に可愛らしい時計です。色は:ナチュラル、ベビーピンク、ブラックの3色です。
GRAMERCY(グラマシーシリーズ)
ケイトスペード 腕時計 kate spade レディース ケ...|ブランドショップ AXES【ポンパレモール】 (27496)

GRAMERCY(グラマシー)は他の路線よりもドレス寄りです。マンハッタンにあるグラマシーパーク(ニューヨーク、マンハッタン区にある私立公園。公園に立ち入ることが出来るのは年間使用料を払うことで専用鍵を貸してもらった付近の住民かグラマシーパークホテルの宿泊客だけです。周辺一帯はグラマシー歴史地区にも指定されている賑やかな通りからすぐなのに閑静な住宅街になっています)にインパイアされて作られたシリーズなのです。

08
2016
07

このReverso腕時計、変身は一つが刻まれ永遠の図案の特注のアクセサリー。

 個性的な時代、唯一の人が、追求することが大好きです。上の方の話や絵柄、自分やプレゼント、送りと記念の意味があると思います。この2種類の表に備えて精鋼や色とりどりのゴールド?ケース、モザイクダイヤモンド、配置が違う文字盤と違うバンド、選択が多い。


高級タブといえば大切な中身を积家ムーブメントのムーブメント全線自給、技術の深い安定性、この2種類の腕時計を搭載して积家自給846 /いち型手動ムーブメント。私個人としては、手動ムーブメントを採用してさらに増したReverso反転腕時計の伝統復古する風格の魅力。女性は面倒だと思うかもしれないが、これも面白いところが面白いところだ。

08
2016
07

ブライトリングとして、世界で有名な「世界の航空業界の公式サプライヤーの指定」

 スイス有名な腕時計ブランドブライトリングコピー(Breitling)や表だけでなく、もっと空に根ざし。世界で有名な「として世界の航空業の公式サプライヤー、ブライトリングいきいきと精密指定」と復雑な航空時計、伝奇飛行隊を持って、その創造空伝奇足の絶えない。


ブライトリング飛行隊がこのじゅういち月初上陸中国広東珠海、デビュー9回目の開催中国国際航空宇宙博覧会(以下、「中国航展」)。ブライトリングブランド全世界のイメージキャラクター、ハリウッドスタージョン・トラボルタ(ジョンTravolta)も初の記者会見に出席して本土、上海。

07
2016
07

ジローは依然として世界十大の1つの一つ、ゼツ色

 ラングは徳係表の中には一つ輝かしい明珠、その歴史はまさに数奇な運命:第二次世界大戦の最後の日を主に生産部門に爆撃されソ連空軍廃墟;三年ぶりに、戦後復興の生産施設は国有化され……25年前までベルリン壁が崩壊し、二徳で統一して、やっと再びゲーラから苏蒂巻き返しをしっかり立て直し。それでも、ラングは依然として世界十大時計の1つで、決して見劣りがするPP、VCなどの老舗家族。ジローの時計は、強靱な歴史と同様に、壮健の息吹を満たしている。ゲルマン民族の厳格な態度に、腕時計の品質無限ガードが緩い完璧で貴重な素材の使用、同じくラングの価格が高騰し、次に小編紹介何項の価格は比較的手頃のラング腕時計。http://www.tomohori9945.top/sitemap.xml

07
2016
07

安帝古倫オークションを呈様々な陀のはずみ車の腕時計

 世界屈指の時計競売場安帝古倫(Antiquorum)ははち月25日に香港マンダリンオリエンタルホテルにおいて「名家収蔵の現代やアンティーク時計」(ImportantModern & Vintage Timepieces)オークションが多く、精緻な優秀な現代や骨董品時計。オークション内覧会がはち月22~24日の期間は安帝古倫香港陳列室において行われる。

06
2016
07

シエナ・ミラー、スキ・ウォーターハウスなどファッショニスタたちが駆け付けた

 

ファッション業界で注目を集める「ブリティッシュ・ファッション・アワード」は今年で24回目を迎えた。セレモニーにて15部門の受賞者を発表し、さまざまなセレブティが登場する豪華なファッションイベントとなった。

バーバリーが「ブランド・オブ・ザ・イヤー」を、そして、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのクリストファー・ベイリーが、「メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。バーバリーのキャンペーンキャスト、シエナ・ミラー&トム・スターリッジ、そして英国人モデルのスキ・ウォーターハウスがバーバリーを着用し、華麗なドレススタイルでセレモニーに登場した。

06
2016
07

フェンディをよく知るトップスタイリストが素敵な情報をリーク!?

 

「フェンディ・コンフィデンシャル」は、シャーロット・ストックデールが思い描くイメージを発信する、まるでムードボードのようなブログタイプのコラム。新鮮なライブ情報をビジュアル満載で届けてくれるほか、ここでしか見られない舞台裏の情報やニュースなどを厳選して紹介する。

12月2日(月)に配信された記念すべき最初のコラムは、「フェンディ2014年リゾートコレクション」撮影の舞台裏。ユニークな「バッグバグズ(BAG BUGS)」を身にまとったモデルたちが登場し、キャンペーンビジュアルとはまた異なる、キュートでリラックスした表情を捉えたスナップショットを多数掲載。ビジュアルにはシャーロット・ストックデールが冗談っぽく、ときにアイロニックに書き加えた見出しや説明が添えられ、フレンドリーな雰囲気が漂う。

06
2016
07

第一弾、第二弾の限定スニーカーがふたたび登場

 

世界中のトップブランドのシューズを手がけるデザイナー、ピエール・アルディ氏が自身の名を冠し、1999年にスタートしたフランスのシューズブランド「ピエール アルディ」。ヴィヴィッドでセクシーなカラーリングから、メタリックでフューチャリスティックなデザインまで幅広いコレクションを展開し、ファッショニスタを虜にしている。

なかでも、自由な色彩感覚が冴えるユニセックス スニーカーコレクションは、定番人気を誇るライン。2008年からは、世界中のエクスクルーシブな店舗のみで展開されるリミテッドエディションのスニーカーが登場。毎回人気を博しており、発売後すぐに完売してしまうというファン待望のシリーズだ。

05
2016
07

ジラール・ペルゴ トラベラー ラージデイト、ムーンフェイズ&GMT

 

象徴的な『トラベラー ラージデイト、ムーンフェイズ&GMT』は初めて透明なダイヤルを採用します。上品なステンレススティールまたはエレガントなピンクゴールドバージョンのいずれも、この新しいトラベラーモデルは力強い個性と高度な精巧さの両方を表しています。技術効率の優れた時計は、特にラージデイトや第二時間帯、ムーンフェイズとスモールセコンド機能を備えたケースにジラール・ペルゴの自社製機械式自動巻きムーブメントを搭載しています。

ジラール・ペルゴが送り出すこの最新作は、3つの時計の複雑機能を44mmの直径と現代的なサイズのケースに搭載し、ステンレススティールまたはピンクゴールド製でご用意しています。トラベラーコレクションでは初めて、メタリックグレイのサファイアクリスタルダイヤルが12時位置に繊細に表示されるラージデイト機構の形をうっすらと明らかにしています。この機構は、ジラール・ペルゴが特許を取得しています。GP3300自動巻きキャリバーに組み込まれた2枚の重ね合わさったディスクで構成された、高機能な機構です。ディスクの配置は、片方がたった0.10mmの薄さの透明なホラノルム(Folanorm®)で、2枚のディスクの間に目に見える境目が存在しないといった、見た目が美しい完璧な表示を実現しています。この複雑な機構の極めて優れたムーンフェイズ表示は、写実的かつとてもロマンティックであり、印象深いメタルコーティングで完璧に表現されています。
 

05
2016
07

ラルフ ローレン RL67 サファリ クロノメーター

 

1984年、ラルフ・ローレンは初めてサファリルックのファッションコレクションを発表しました。時代を超越したさり気ない優雅さが漂い、旅情や冒険心をスタイリッシュに表現したコレクションです。そして今日、ラルフ ローレン RL67 サファリ クロノメーター コレクションに2つの新しいモデルが登場し、ラルフ ローレンの美の世界観を広げています。
 
 RL67 サファリ クロノメーター カーキカラー ダイアルは、サファリ コレクションを象徴するデザインモチーフが採用されています。“ヴィンテージ”仕上げのブラック スティールケースは、品格ある艶を与える特殊な処理が施され、ヴィンテージ感にあふれた独特の個性を演出しています。暖かみのある落ち着いた光を放つ、アズラージュを施したマット エナメル仕上げのカーキ ダイアルには、ブラックカラーのスーパールミノバ®を塗布した時針と分針が配されています。実用的なデザインの大きなアラビア数字を指し示す鮮やかなオレンジの秒針がとても印象的です。スクリューダウン式ケースバックには、42時間のパワーリザーブを有する機械式自動巻キャリバーRL300-1が搭載され、そのムーブメントは、時計の信頼性と精度を保証する厳格な基準を満たし、独立検定機関COSCの認定を受けています。また、それぞれのムーブメントには、手作業による縦方向のコート・ド・ジュネーブ装飾とペルラージュと呼ばれるサーキュラーグレイン装飾が施されています。10気圧(100m)の防水性を発揮するこのタイムピースは、45mmと39mmの2つのケースサイズが用意され、ストラップに豪華なブラウンアリゲーターが使用されています。

05
2016
07

日焼けした腕に映える本格ダイバーズに新色ホワイトが新登場

 

スイスの時計ブランド“EDOX(エドックス)”は、自動巻きクロノグラフを搭載し、500mの高い防水性能、ハイテクセラミックベゼルや耐傷性に優れたサファイアクリスタルを採用したフラッグシップコレクション「クロノオフショア1 クロノグラフオートマチック」に、待望の新色が、2015年6月から新発売致します。

ベゼル、ダイアル、ストラップともすべてホワイトに統一されたフルホワイトで、ストラップはシンプルでスポーティなラバータイプと、モードなスタッズ柄の限定ラバータイプ、高級感溢れるクロコダイルタイプの全3種です。タフでハイスペックな本格ダイバーズでありながら、ファッション性を追求したタイムピースです。
【キャンペーン詳細】
2015年6月13日(土)~8月16日(日)の期間中、クロノオフショア1シリーズをお買い上げの方に、お好きなスペアストラップ1本プレゼントする全国キャンペーンを正規販売店にて開催。

04
2016
07

「カメレオン」ウォッチがバレンタインレッドにドレスアップ

 

角の丸い長方形に、ダブルFにカットされたロゴが印象的な「カメレオン」が、いつの時代も愛とロマンスを連想させるレッドに染められ、フェミニンでより魅力的なウォッチとして誕生した。

ケースはレッドのエナメルとイエローゴールドのケース仕上げとなっており、アクセントに官能的な赤のレザーストラップが組み合わされた。さらに、純白の文字盤を引き立てるのは12時と6時の位置にセットされた天然ダイヤモンドだ。ケースバッグには個々の型番が刻印され、スペシャルなウォッチであることを証明している。

04
2016
07

スペシャルウェブサイトもオープン! 真珠発明120周年記念アイテム発売

 

1893年7月11日、創業者である御木本幸吉氏によって世界ではじめて真珠の養殖に成功してから今年で120周年を迎えるミキモトでは、オリジナルギフトブランドのミキモト インターナショナルより120周年記念アイテムを発売。真珠を育む美しい海の情景をイメージした置時計とフォトフレームの新作は、陽光を受けて煌く海と、波間に揺れる真珠と泡のモチーフのコントラストが美しい。

MIKIMOTO|ミキモト 02
この記念アイテムの発売同時に、ミキモトでは120周年記念スペシャルウェブサイトをオープン。記念アイテムのオンライン販売をはじめ、本店で開催される文化催事「輝きを紡ぐネックレス」展や、真珠の魅力にふれる各種セミナーなど、120周年記念関連イベントの情報を随時発信。また、ミキモトのシグネチャーアイテムである真珠のネックレスの歴史や、トレンドの紹介、コーディネイト提案などのコラムも充実。もちろんスマートフォンにも対応しているので、いつでも手軽に楽しむことができる。

04
2016
07

現行にはないヒストリカルなバーインデックスを採用

 

ジャガー・ルクルトのラインナップのなかでも日本でもっとも人気のあるモデルのひとつ「ビッグ・レベルソ」。大きすぎず、小さすぎないケースと、すっきりとしたミニマムな美しさは着用時の心地よいフィット感などから広い支持を集めている。

今回の日本限定モデルは、レベルソのヒストリカルピースにもとづき、現行モデルにはないバーインデックス、12時の位置にある「JL」のロゴなど、このモデルだけのダイヤルデザインを採用。歴史を受け継ぐクラシカルなダイヤルとエレガントなケースの融合でより美しさが際立たせられた。

01
2016
07

若いブランドならではの独自のデザイン新時代のスイス機械式時計

 

創業者の実業家カルロス・ディアス氏は、時計コレクターとして伝統的なスイス時計の魅力を熟知した人物。優秀な時計師ロジェ・デュブイ氏とともに、伝統的な様式・機構を尊重しながら、最新の技術で設計・開発した自社製ムーブメントと、現代ならではの押し出しの強いデザインを融合させた“新時代のスイス機械式時計”をぞくぞくと展開。伝統的な色彩の濃い老舗メゾンの機械式時計に飽き足らない人びとのあいだで一躍大人気のブランドとなった。

なかでもムーブメントの技術力と開発ペースはすさまじく、ダブル・フライング・トゥールビヨンやスケルトン・トゥールビヨンなど、わずか15年の歴史で膨大な数の自社製ムーブメントを開発。その多くが伝統的なスイス時計の手順で製作されていることをジュネーブ市が保証する“ジュネーブシール”を取得している。フランス・ブザンソン天文台の検定テストによる精度保証“ゼロ”からスタートした新ブランドでこのような例はほかにない。

01
2016
07

ヒストリーク・アロンデ 195450余年の時を超えて甦った優雅なレクタンギュラー・スタイル

 

懐中時計から置き時計、宝飾時計まで、ヴァシュロン・コンスタンタンがこれまで世に送り出した名品は数知れない。なかでも魅力的なのは腕時計、それも最高レベルの職人の手で同社のシンプル&ミニマムなデザイン哲学が忠実に反映された1920年代から60年代にかけての製品である。かつて「コメモレーション」という名称で呼ばれていた「ヒストリーク」コレクションは、この時代の伝説的な名品を現代的な視点で再解釈して、その精神とノウハウを未来に引き継ぐために誕生した。毎年1モデルが、過去の名品の魅力を継承して登場する。