03
2019
09

ロンジンの腕時計の新品は手をつないで優雅な女神の林志玲が蘭州に上陸します。

 ロンジン中国区の李力副総裁は現場で「蘭州は歴史が長く、景色が美しい都市で、多彩な人文景観と民族風情を持っています。その遥かな歴史と優雅な気質は、ロンジンを深く引きつけています。今回、ロンジンは蘭州にブランドの新たな発売の時計逸品を持ってきて、蘭州に対するロンジンの重視と西北市場に対する自信を示しました。優れた製品と優れたサービスを提供します。正確で優雅な時計工芸をより多くの時計愛好者に見せたいです。
ロンジンのイメージ大使として、優雅な女神のリン・チーリンもこの日、ロンジン康プラチナシリーズの月相クロノグラフに対する愛着を共有しました。腕の間の明月も私達と中秋節に団栾して月を鑑賞する習わしは互いに際立っています。中秋は親族の団欒の日であり、異郷の遊子が郷愁を語る時でもある。表職人たちは精巧な技術によって、月の移り変わりのインスピレーションを文字盤に刻み、団欒の夜を送る。だから、このプラチナシリーズの月相時計は、暖かくて優雅な感じがします。
康プラチナシリーズの中で最新加入のタイムウォッチとして、康プラチナシリーズの月相タイムウォッチは馬術運動の全情のために作られ、神秘的な月の移り変わりを表現盤の上に現れ、ロンジンの時計の伝統、運動の伝承とブランドと生まれつきの精緻な工芸を巧みに一体化させました。月と星の交替は優雅で調和のとれた楽章に解け合っています。中秋節の際には、名月が文字盤に現れると、身につけている人は夜空の皓月と腕の間に光が流れる壮観な気持ちを味わうことができます。

03
2019
09

アリさんは支払表のドメイン名を出しました。先に駅を建てられました。

 最近馬雲と彼のアリババの重いポンドのニュースは次々と現れて、まるで大宝のように“毎日会います”。これは違います。アリババ傘下のYunOSの初めてのスマート腕時計、支払表(Pay Watch)が10月15日に発売されます。でも、ドメイン名のpaywatch.comは他の人の手にあります。义父さんはこんなに急がなければならないですか?
まず、支払表は何ですか?その名の通り、支払表というからには、支払いはその主力機能です。支払いコードまたは二次元コードを迅速に生成することができる。ユーザーが支払う時は腕時計のサイドボタンをダブルクリックして支払いコードを調整し、業者がスキャンガンで決済コードをスキャンします。ネットがない場合でも支払いができます。
ハイエンドの大気に高級な雰囲気が漂ってくると感じましたか?しかし、支払いをメインにした腕時計は珍しいものではなく、海外でも早く生産されています。偶然にも、この会社の名前はPay Watchといい、ドメイン名のpaywatch.comで駅を建てました。易名中国whois情報検索によると、paywatch.comは1999年に登録され、関連ドメイン名のpaywatch.comもこの会社の手にあります。また、paywatch.cn/comp.cn/netも登録されています。その中でもpaywatch.com.cnは今年9月22日に登録されました。
そういえば、アリババが初めて表札のドメイン名をなくしたのではなく、アリババ健康の公式ドメイン名であるalihealth.comは海外で建てられました。アリはalihealth.cnとalihealth.com.cnだけを持っています。公式サイトで使うドメイン名はalijk.comです。今の支払表は名前だけではなく、ドメイン名も他人の手に握られています。小编は好奇心がありますが、もしこの支払い表が発展したら公式サイトを作りたいですが、ドメイン名は何を使いますか?

03
2019
09

セイコー専門のPAY WATCHスマートペイメント腕時計鑑賞

 機能がスマートウォッチの心臓だとすれば、文字盤、バンドのデザインはきっとスマートウォッチの外観です。材質の選択、工芸の彫刻、設計は製品の最も直観的な美学として現れて、ブランドの味と気品を表現していません。PAY WATCHは機能革新に加えて、外観デザインにおいて、更に丹念な材質で選び、完璧な表工芸は驚くべき表現をもたらします。
PAY WATCHの文字盤は主にナノスチール粒子の高温射出成形を採用しており、脱ゴム、焼結など一連のハイテク工芸によって筐体の原形を処理し終わって、再度5軸高速CNC精密加工を使って、最後に手作業で研磨して色をめっきして、高輝度、高硬度の高品質の鋼質の表殻を形成しています。
表体の背面にはナノセラミック粒子を原料とし、制作プロセスは鋼本体と同じで、精密加工の一連の流れの洗礼を経て、ナノセラミック粒子により強固で安定した品格を与え、肌の材質は冷熱を知り、知能は温度の変化を感じる。

02
2019
09

スイス美度時計専門の時計師腕時計設計大会が円満に幕を閉じました。

 2015年3月、スイス美度時計展覧会はバーゼル時計ジュエリーショーで専門の時計職人腕時計デザインコンテストを開催すると発表しました。三人の専門の時計師にそれぞれイギリスのロンドンの時計をモチーフにした新しい限定版の腕時計を設計するように要求します。4月下旬、スイス美度表オーディションによって選出された3人の表師の情報は今回の活動の公式サイトに発表されました。それぞれはエリックGroud、S e bastien Perret、およびLorenzo Valloneです。彼らの最終作品は7月30日に正式にネット上に公開され、次の2ヶ月間の投票期間には、約100カ国から約10万人が参加しました。
大会の最終選考結果は、国際建築家協会のEsa Mohamed会長によって盛大に発表されました。
霊感の源泉
今回の挑戦に対処するため、セバスチャン・ペレットは創作当初、近くから遠くまでロンドンの有名な建築物、大本鐘をじっくり観察した。スイスのナシャテルEtude Style設計機構の創始者として、彼のデザインインスピレーションはイギリスのウェストミンスターの時計台の細長い外観の輪郭から生まれました。
あなたがそれを注視する時、無限の細い点は次から次へとあなたの前で浮かびます。完備で精緻な特徴、欠けたところから投げかけられた影と四角の時計の面は完璧に永遠の時間を述べました。彼が設計したモデルは、ビッグベンの雄大さを見せてくれました。シンプルな新しいゴシックスタイルで、内側から透ける輪郭構造を再現しました。これも彼が自分で設定した挑戦に、最大限の再現美度の腕時計が持つ特徴です。

02
2019
09

パマティーニはTonda 1950 Clarityの全ドリル腕時計を発売しました。

 Tonda 1950腕時計の優雅さがダイヤモンドの文字盤をちりばめた魅惑に出会い、魔力が瞬時に開花する。「伝統を覆す」という伝統を受け継ぎながら、ダイヤモンドの本質的かつ静的な美しさを際立たせるデザインに力を入れ、華やかなモザイク式のレイアウトはこれらの非凡な宝石に命を注いでいます。
Tonda 1950シンプルでなめらかなシルエットのラインは、様々な外観と調和した文字盤で、パルマ・ジョニー風のエッセンスを表現しています。このような絶対的な優雅さを際立たせるために、パマティーニは経典のダイヤモンドの輪を入れた上で、Tonda 1950 Clarityの全ダイヤモンドの腕時計を製造して、ダイヤモンドを設計の主役にならせて、腕時計の華麗な風格のために更に活力と驚艶を加えます。
パマの强尼のTonda 1950 Clarityの腕时计の文字盘は5种类の异なっている大きさの円形のダイヤモンドでいっぱいに饰って、すべてのダイヤモンドの大きさと位置はすべて精密な计算を通ります。最小のダイヤモンドは真ん中にあって、少し大きいのは続いて、时をめぐって分布を表示します。化成する。

02
2019
09

Apple Watchはスイスの腕時計の売り上げを下げ続けます。

 スイス時計業連合会(Federsation of the Swiss Watch Industry)が発表したデータによると、その中でも低価格市場の出荷量が最も下落しており、価格が500スイス・フラン(約520ドル)を下回る腕時計の出荷量が最も深刻だという。
Apple Watchなどの高級腕時計は小売業者を不安にさせています。科学技術の進歩によって、下位のスイスの腕時計が押し流されて、時代に遅れをとっている可能性があります。今年9月までに、スイスの腕時計の出荷量は6ヶ月連続で下落しました。アメリカ市場での衝撃は、過去5年間で最も下落傾向が大きかった。
サンフォードバーンスタイン社の高級消費財アナリスト、マリオ・オールテイリー氏は「過去12ヶ月のデータは非常に興味深い。腕時計市場の過去12ヶ月の移動平均値はすでに下落しています。特に低端バージョンです。
「市場にはスイスの腕時計のほかに、Apple Watchなどのスマート腕時計がありますので、今は問屋さんがもっと慎重に仕入れています。彼らは科学技術の発展に従って、彼らの腕時計の在庫、特にこれらのローエンド、比較的な腕時計はすぐに市場に淘汰されると心配しています。
スイスの腕時計がアメリカ市場で衝撃を受け、Apple Watchがこの衝撃の主な原因と指摘しました。強いドルに加えて、新興市場の消費者は旅行中に必ずスイスの腕時計を買いに行きません。
この高级豪雅Androidスマートウォッチは11月9日にニューヨークLVMHビルで発表されると最近伝えられました。今はこの腕時計に関する唯一の宣伝写真しか流出していません。前に豪雅表CEOのJean-Claude Biverが述べたように、デザインスタイルは傘下のカレーラシリーズに近い。このシリーズの腕時計はメキシコのカローラパンナムの自動車レースからインスピレーションを受けています。デザインにもレースの要素が融合しています。
LVMH腕時計部門最高経営責任者のJean-Claude Biverは今月のインタビューで、アップルは非常に強力なライバルだと述べた。

30
2019
08

ベーシックなだけに求められるブランドらしさ

髙木 サントスは外見も変わったし、LMは日付表示を装備、MMはノンカレンダーのエレガント仕様。バイカラーベゼルにカーフストラップは、初代のオリジナルに近くて好ましいね。

市塚 チェンジャブルストラップも話題を呼んでいます。

吉田 そう、増えましたよね、このタイプは。使い回しも簡単にできる。

柴田 ヴァシュロン・コンスタンタンはモダンクラシックなスタイルもさることながら、価格設定が絶妙!

30
2019
08

クロノグラフから解き放たれ、広がる魅力の世界

新CEOを迎え、ブランドの今後の方向性がいよいよ見えてきた。そんなブライトリングのスタートを飾るモデルがグランプリに輝いた。伝統的なパール装飾を施した回転式ベゼルに、ブランドを象徴する航空用計算尺を備える。新しさの中にヴィンテージ感を漂わせ、ほど良いサイズ感も現代のスタイルに合う。クロノグラフという制約から解放された先に、まさに大空のような自由な世界が広がっている。自動巻き。径38㎜。SSケース。クロコダイルストラップ。3気圧防水。50万円。お問い合わせ先:ブライトリング・ジャパン 

30
2019
08

世界一正確な日本の鉄道網を支える 運転士必携の懐中時計

 

10月14 日は「鉄道の日」。今から約150年前の1872年(明治5年)のこの日、新橋・横浜間でわが国初の鉄道が開通したことを記念して制定された。本誌的に鉄道を語るなら、やはり鉄道時計を外すわけにはいかない。列車の運行管理のため運転席に設置されたあの時計。車内で見かけた人もいると思うが、なぜだか時代にそぐわない懐中時計が多い。

鉄道開通時、時計は庶民の手の届かない高級品だった。それゆえ当初は不携帯の職員もいたようだが、ようやく1893年(明治26年)に「時計貸与規定」が定められ、駅長、車掌、機関士らの携行が義務づけられた。’97年には国の役所である鉄道作業局が米国ウォルサムの懐中時計を購入。これが初の標準鉄道時計となる。時を経て1929年(昭和4年)、標準時計に初の国産品が採用された。それが精工舎の懐中時計19型「セイコーシャ」。この19型の伝統は戦後も続き、機能・仕様を進化させながら作られ続ける。

29
2019
08

素材を変えたらガラリと印象が変わりました!

83年に画期的な耐衝撃構造を身にまとってデビューし、タフネス時計の概念を変えたG-SHOCK。それから35年を経た今年、スクエア型の初代5000シリーズに、かつてないフルメタル仕様のニューモデルが登場した。

G-SHOCKの初号機DW-5000Cの特徴といえば「中空構造ケース」。ケース内でモジュールを宙に浮かせるように配置し、外部からの衝撃を緩和する。外装素材には、衝撃吸収材としての柔軟性と堅牢性を併せ持つウレタン樹脂を用い、そのシンプルで精悍なブラックの外観がこれまで受け継がれてきた。

29
2019
08

スイスジャーマンの名門が考える究極のユニークピース

時計ツウをうならせるH.モーザーより、新作のパーペチュアルカレンダーが登場した。このモデル、じつは特別な経緯のもとに製作されている。

新作「ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー ユニークピース」の開発は、CEOエドゥアルド・メイラン氏とある日本人との出会いに始まる。意気投合した2人は、同社の時計について語り合ううち、作品を一から作ることで同意。実際にシャフハウゼンの工房を訪れ、開発責任者たちと協議を重ねながら、1年近くかけて完成したのが本作なのだ。

29
2019
08

やっぱり車と時計は、切っても切れない関係です

 

リシャール・ミルが今年開催の第88回ジュネーブ・モーターショーにて、マクラーレン・オートモーティブとの初コラボウォッチを発表した。

マクラーレン・オートモーティブは、モータースポーツの名門マクラーレンレーシングと同じグループに属する英国の車メーカーで、高性能スポーツカーの製造で世界的に名を馳せる。新作の「RM11-03 フライバック クロノグラフ マクラーレン」では、そのイメージカラーのオレンジを大々的に取り入れたトノー型ケースが目を惹く。このオレンジ部分は、クオーツTPT®という厚さわずか45ミクロンの極薄繊維素材を600枚以上重ねて作られている。

28
2019
08

ラルフ ローレンの最新ウォッチプレビューイベントが今週末から開催!

今年1月にスイス、ジュネーブで開催されたSIHH 2012(ジュネーブサロン)で発表され、話題の最新作ウォッチがラルフ ローレン 表参道に登場。4月21日(土)〜30日(月)の期間、プレビューイベントが開催される。

今回紹介されるモデルの中でも注目なのは、スティラップ ラージモデル ステンレス スチールの白文字盤仕様、“ガンメタル”製ウォッチの新作の2つだ。

前者は現代のクラシックウォッチとして人気のモデルに待望の白文字盤仕様が加わり、より一層エレガントな佇まいに。一方、後者はウォッチ史上、おそらく初めてと思われるユニークな“ガンメタル”素材のケースを採用し、エイジング加工されたオリーヴグリーンのキャンバス地ストラップで無骨なテイストに仕上がった。

28
2019
08

ザクセンでファミリーが紡ぎ出す至宝の時計──A.ランゲ&ゾーネ

12月7日は、A.ランゲ&ゾーネにとって2つの意味での誕生日である。何故なら1845年に初代フェルディナンド・アドルフ・ランゲが自らの工房を開いた日であり、また東西冷戦に翻弄され西ドイツに亡命していた4代目ウォルター・ランゲが故郷に戻り、工房を再興した日だからだ。上の写真、初代の彫像と、それに寄り添うウォルター氏とを見比べると、なるほど血筋、よく似ている。しかし受け継いだのは風貌だけではない。時計製作における豊かな才能と情熱、そして社会貢献に対する高い意識もまた、受け継いでいる。

28
2019
08

毎時36,000振動はマニュファクチュールの矜持

1969年は、2つの発明がもたらされた年として、時計史に刻まれる。ひとつは世界初のクォーツ式腕時計、もうひとつが自動巻きのクロノグラフ・ムーブメントの誕生である。

クロノグラフの自動巻き化は、長く時計界の悲願だった。スイスや日本のメーカーがこぞって開発を推進していたという。そしてこの年、同時多発的に3つの自動巻きクロノグラフ・ムーブメントが発表された。内ひとつが、開発に5年を費やしたゼニスのエル・プリメロである。

誕生から45年を経た今も、エル・プリメロが名作と呼ばれているのは、唯一無二の毎時3万6000振動のハイビートを誇っているから。これを1秒に換算すれば10振動、つまり秒針は1秒間を10ステップで運針することとなり、すなわち10分の1秒の計時を可能とする。

27
2019
08

世界初、完全防水のスクエアクロノグラフ

 1969年3月3日に発表された、自動巻きクロノグラフムーブメントの「クロノマティック」。発表された3つのモデルのなかで、自動巻きであることをことさら強調したのが、スクエアケースのモナコだった。それ以前、スクエアケースに防水性能を持たせることは不可能とされていた。しかし、当時の社長だったジャック・ホイヤーは、世界ではじめて発表した自動巻きクロノグラフに、スクエアな防水ケースを合わせようと考えたのである。ジャックは初の自動巻きクロノグラフに、ライバルにはない造形を与えたかったのだ。

27
2019
08

異素材使いを極めた、ウブロのシンプル&エレガンス

わずか30年あまりのあいだに世界のラグジュアリーウォッチ市場において確固たる地位を築き、2008年にはLVMHグループの一員となり、ますますその注目度が高まったウブロ。巧みな異素材使いによるシンプル&エレガンスは他の追随を許さない。

ウブロは1980年の創業からわずか31年に過ぎないブランドだ。しかしいまだ、70年代のクオーツショックから立ち直れずにいたスイスの時計業界が新たなフェイズに移行するうえで、重要な役割を果たした存在でもある。

伝統的な時計製造にこだわりつつ、ユニークなケース形状とビス留めされたラウンドベゼルを用いた「舷窓」デザイン、金属のケースとラバーベルトの組み合わせなど異素材を融合。華美な装飾だけが高級ではなく、シンプルがゆえに際立つ職人技、控えめなエレガンスなど、新しい時代の高級時計の進むべきひとつの道を提示した。