08
2020
01

175,000以上のクラシックムーンフェイズモデルのジャガールクルトMe石ムーンフェイズウォッチを販売

数日前に大きな月を見たかどうかはわかりませんが、丸くて大きいです。 偶然にも、北京はここ数日間風が強く、ヘイズはまったくなく、時間と場所は整っていました。 あの日、あなたはスーパームーンを見ましたか? 「月を見上げる」のを忘れたのは残念です。この時間を逃すと、次のスーパームーンは2034年まで再出現しないからです。 実際、ムーンの賢いいとこになると、彼らはムーンフェイズテーブルについて考えます。 著者は最近、北京インタイムデパートのジャガー・ルクルト店を訪れ、数日前にスーパームーンを利用して、昼夜を問わずステンレススチールの時計を示す女性の日付シリーズと同様に、いくつかの古典的なムーンフェイズ時計を目立ちました。 熱の後、今度は月を見ることに夢中になっているよりはましです。 

08
2020
01

オリスカルチャーシリーズ01 915 7643 4034-07 8 21 80ウォッチ

11月15日の前代未聞の超大月は、誰もがそれを見ていたかどうかを知りませんでした北京の作家は、まるで玉玉のようにそれを見ました。 表示されない場合は、ムーンフェイズウォッチで補うこともできます。 ステンレススチールケースとブレスレットは、カルティエスーパーコピー時計のタフな男らしさを示し、ブランドのユニークなアワーマーカーデザインが時計に魅力を加えています。 ユニークな日付表示は、この時計のハイライトです。 6時スケールの上にムーンフェイズ表示ウィンドウがあり、月の暗い日をしっかりと把握できます。 この時計が気に入ったら、この機会をお見逃しなく。

07
2020
01

月面着陸や海底探査など 前人未踏の地へ挑んだ歴史

オメガは壮大な冒険を支援した実績が多くあります。1969年に人類初の月面着陸に同行した伝説は、特に広く語り継がれていています。深海探査「ヤヌス計画」(1970年)では、「シーマスター」が活躍しました。コーアクシャル脱進機や、15000ガウス以上の耐磁性能を備えた「マスター コーアクシャル」、 COSCクロノメーター合格後にケーシングされた状態で精度検査する「マスター クロノメーター」といった近年の革新ムーブメントも、前人未踏の領域を目指した挑戦といえます。R40 でなおチャレンジし続ける大人にこそふさわしい、まさに“攻め”の時計が数多くラインナップしています。 

07
2020
01

天空ディスクとムーンディスクを独立させた新型Cal.L121.3搭載

ランゲ1は2015年にムーブメントを刷新していますが、これに続く形でランゲ1・ムーンフェイズも新たなムーブメントを搭載して生まれ変わります。

搭載するCal.L121.3は、デイ・ナイト表示と一体化したムーンフェイズを搭載。天空ディスクとムーンフェイズを独立させ、天空ディスクは24時間で1周してデイ・ナイトを表示します。一方のムーンディスクは、122.6年で1日誤差という高精度で月の満ち欠けを表示するのです。

この新型キャリバーは、2年前の新世代ランゲ1が搭載するCal.L121.1をベースに開発されており、完全巻き上げ状態で72時間パワーリザーブを可能にするツインバレルや、瞬転式のアウトサイズデイト表示を備えています。

07
2020
01

ダイアルの奥で輝き出す粒子に高度な技術を見る

独自の駆動方式「スプリングドライブ」のパワーリザーブを8日間に引き上げた限定仕様。長野県塩尻市にある高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」が手がけた、初のグランドセイコーとして発表されました。チラチラと光の瞬きを見せる文字盤は、諏訪地方の冬の朝に見られるダイヤモンドダストがモチーフとなっています。

 

【SPEC】

ムーブメント:手巻きスプリングドライブ(Cal.9R01)、約192時間パワーリザーブ

素材:プラチナケース(シースルーバック)、クロコダイルストラップ

06
2020
01

ヴァシュロン・コンスタンタン、パトリモニーヘリテージウォッチミドルイーストの特別版を発表

世界最古の高級時計メーカーであるヴァシュロン・コンスタンタンは、260年以上にわたって生産を続けており、中東向けのユニークな文字盤カラーマッチングを備えたパトリモニーヘリテージシリーズミドルイーストスペシャルエディション(モデル:1110U / 000P)を発売しました-B653)。

パトリモニーの伝統的な手巻き時計は、ヴァシュロン・コンスタンタンの最も尊敬されるスタイルの1つであり、新しい「サーモン」文字盤により、中東向けの特別版時計になりました。この時計は直径42 mmで、ケースとバックルは950プラチナ製です。

06
2020
01

タグ・ホイヤーがCarela Heuer 02T Cortina Special Limited Editionを発売

タグ・ホイヤー・ホイヤー02Tは2016年に発売され、現在でも最も手頃なスイス製トゥールビヨンクロノグラフです。手頃な価格にもかかわらず、キャリバー・ホイヤー02T自動巻きムーブメントはブランドによって製造され、カーボンファイバーとチタンフレームフライングトゥールビヨンを備えており、COSC展望台によって認定されています。

本日、タグ・ホイヤーはシンガポールの小売店Cortina Watch向けに特別限定ウォッチを発売します。時計はオレンジと黒で利用でき、オンラインでのみ利用できます。標準モデルと同様に、この時計は直径45 mm、厚さ16.4 mmで、カレラシリーズのモジュール構造を採用しています。ケースの中央は、黒いコーティングが施されたチタンで、黒いセラミック製のベゼル、ステンレス製のラグ、クラウン、ボタンが付いています。

06
2020
01

ブランパンがヴィルレのクラシックな極薄ブルーダイヤルウォッチを発表

ブランパンでは、卓越した専門知識、革新性、美学がすべての時計の中心にあります。 新しいVilleretクラシックウルトラスリムウォッチ(モデル:6605-3440-55A)は最新の例で、ブルーダイヤルを備えたこのプラチナウォッチは元の状態に戻り、時針と分針を最高のマスターにします。 この時計は88個に限定されており、ブランドのグローバルブティックでのみ販売されています。

1980年代初頭から、エレガンスと厳格さがVilleretクラシックコレクションの特徴であり、新しいVilleretクラシック超薄型ウォッチも例外ではありません。 この時計は、Villeretのクラシックコレクションの象徴的な美学と純粋な品質を維持しながら、非常にモダンな外観を備えています。 クラシックなラウンド2層ベゼル、精巧なセージリーフの針、金メッキのローマ数字アップリケインデックス、心地よいスリムケースが、このシリーズのエレガントなスタイルを完璧に表しています。

03
2020
01

イタリア製ハイブリッドレザー使用「ノイインテレッセ」の上質ウオッチケース

出張が多いビジネスマンなど、大切な時計の保管&持ち運びにこだわる人は多いはず。そこで今回は旅道具としても重宝する、サイズ感にこだわった「ノイインテレッセ」の最新ウオッチケースをご紹介します。イタリア製カーボンレザーを使用した上質なケースは、時計好きな方へのギフトにも最適です。

上質カーボンレザーで魅せる!
マテリアル感あふれる2本&6本用
ノイインテレッセは車やレーシングカーに使われている“ハイブリッドレザー”を用いた、財布やバッグなどを展開している人気ブランド。

03
2020
01

毎日身に着けるからこそ手首に収まるサイズを選択

腕時計の知識が薄い人でも、腕時計にとって水が弱点であることはご存知かと思います。ケース内に水が侵入すると、サビがムーブメントを浸食し、精度が悪化。最悪の場合修理不能になってしまうこともあります。

そこで誕生したのが屈強なケースやねじ込み式リューズなどで徹底的に対策を施したダイバーズウオッチ。選ぶ時にはつい防水性能に目が行きがちですが、普段使いでの使用なら200m防水あれば充分。むしろ一生モノとして考えるなら、重視すべきはケースサイズなのです。理由はアンダー42㎜ならば、手首への収まりも良く平日使いには最適。逆回転防止ベゼルや夜光インデックス、便利なエクステンション付きブレスレットなど、ダイバーズウオッチらしい意匠を備えていれば、なお良いでしょう。

03
2020
01

最大の特徴は「旅」をテーマにした独自機能

ンレススチールケース/直径42mm、厚さ12.55mm/30m防水/通常使用時のバッテリー持続時間:約1日/512MB RAM/4GBフラッシュメモリ/OS:Android Wear 2.0/ジャイロスコープ/マイク/バイブレーター/照度センサー
今、市販されている多くのスマートウオッチはAndroid Wear 2.0をOSとしており、正直なところ差別化が難しくなっています。ルイ・ヴィトンの新作も同OSによって動作しますが、その仕上がりは他とは一線を画すものでした。

 

02
2020
01

「奇跡の手」と呼ばれる技術力と世界最高レベルの開発力

世界初の「ミニッツリピーター」(1892年)や、ソネリや永久カレンダーを搭載した「グランドコンプリカシオン」(1899年)など、“奇跡の手”と称されるスイス時計界の重鎮。1875年の創業地に、複雑時計専門のアトリエを置いています。

超複雑時計で別格的な地位を築くいっぽうで、1972年には金無垢が当然だったラグジュアリー時計界にステンレススチールケースの高級スポーツウオッチという新境地を拓いた「ロイヤル オーク」など、近年は幅広いコレクションを展開しています。

 

02
2020
01

18世紀ギャビノチェ精神を現代に継承する屈指の名門

 

知識人でもあった18世紀の時計師・キャビノチェの伝統を受け継ぎ、250年以上前から途切れることなく時計を作り続けてきた老舗のブランド。1812年には鐘の音で時刻を知らせる「15分単位のりピーター」、1935年には超絶モデル「グランド・コンプリケーション」と、数々の歴史的な複雑時計を発表してきました。

02
2020
01

航空界とともに進化するパイロットウオッチ界の雄

創業時から計時機器に情熱を傾け、航空用回転計算尺を搭載した「ナビタイマー」(1950年)、「クロノマット」(1984年)など多くの傑作を輩出。“プロのための計器”を前提に製造されたモデルは、精度や機能、視認性を研究したプロ仕様として人気が高いです。2000年には100%クロノメーター化を完遂し、創業125周年の2009年、初めての自社開発・製造ムーブ「キャリバー01」を発表。2011年に現行ラインナップの大胆な整理・統合を行うなど、常に進化を続けています。 

31
2019
12

特別なランゲ1・タイムゾーン “コモ・エディション”を授与

A.ランゲ&ゾーネが、2012年以来協賛を続けるクラシックカー・コンテストである「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」の栄えある「ベスト・オブ・ショー」アワード受賞者のため、「ランゲ1・タイムゾーン ゛コモ・エディション”」を授与しました。

「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」とは、元々貴族や資産家の間で発祥したコンペティションのようなもので、思い思いに持ち寄ったクルマの優雅さを競うという趣向で行われています。今年は、1958年製フェラーリ335スポーツと同車の所有者であるアンドレアス・モーリンガー氏が「ベスト・オブ・ショー」に輝きました。

31
2019
12

完全なる浮遊を遂げた衝撃のトゥールビヨン

ミニッツリピーターやスピンタイム、ジュネーブ・シール取得のフライング・トゥールビヨンなど、独創的なコンプリケーションを発表してきたルイ・ヴィトンから、またしても衝撃作が披露されました。

今年披露されたのは、巻き真から香箱に至る輪列が見えないミステリアスムーブメントが採用されたフライング トゥールビヨン。

本機は、同社の時計製造アトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」で開発・製造された、手巻きCal.LV110を搭載。4枚のサファイアクリスタルガラスを受け板代わりとし、1列に並んだギアが完全に宙に浮いているかのような摩訶不思議な一本となっています。

31
2019
12

根強いファンを多く抱える「J12」の最新モデル

 

「J12」シリーズは、2000 年にブラックモデルが登場すると、シャネルの革新性を象徴する存在として認知されました。さらに2003 年にホワイトモデルが登場すると、大ヒットを記録。いまや“ホワイト”は、時計業界における重要なカラーのひとつになるほど、大きな影響を与えました。

最新作「J12 アンタイトル」のデザインは、シャネルのシンボルナンバーでもある「12」のグラフィックを文字盤に配置。円形のディスプレイからはみ出すほどの大胆なレイアウトが、大人の遊び心をくすぐります。