16
2016
08

黄暁明邓紫棋限定モデル広告モデルを尽くして北京西単デパート

 最近、北京の天気は晴れ、マーケットの客が増え始め、同時に複数のマーケットを迎えるメーデー、北京からの開催や祝典、北京西単デパートからよんしよ月じゅうご日から、開催期間を超えじゅうご日の「時計宝飾祭」は、期間を数多く福祉などあなたを探って、異なった腕時計ブランドやジュエリーをさまざまな優遇を与えるなど、いくつかの特殊な表項。筆者は北京西単デパートを経て、亨縁起世界時計センター既存の様々な逸品の腕時計の活動に参与することを含めて、黄暁明ティソ広告モデルや邓紫棋タイガー豪雅限定モデル腕時計。

15
2016
08

「すぐお金持ち」:馬のテーマシリーズ

 馬は活力、剛毅、積極的と成功の象徴であり、その優雅さ抜群の体つきが刻まれて開いた表をかぶせて、保護内蔵新しい時計の文字盤LuminorSealand限定。セイコー刻まれた細かい駿馬図案はイタリア職人は完全に手作りの彫刻し、利用の名は「sparsello」の独特なツールは精鋼に彫刻溝、組み込み金糸輪郭跃马生き生きとしたライン。繰り返し組み込み平行金糸を丹念に焼きハンマー修飾後、馬ラインは更によく躍如。黄金のアップリケで工程にすでに刻まれなければならない及び研磨の表にふたをして、どんな些細なミスも表を破壊され、七日の説法屁一つするプロセスが運用完璧な技術者が完成。
オフィチーネ・パネライLuminor Sealand(PAM00847)午年もう初回限定版の腕時計
鐫刻駿馬柄の表を開けた後は一面に含める鏡、表カバー内部に所持灰色フェイスに小さい秒盤と日付表示窓がシンプルやクラシカルなオフィチーネ・パネライデザインの特色。Luminorケース径44亳メートルで、AISI 316L・スクラブ精鋼製、配備を同じ素材鋳造の護橋装置。オフィチーネ・パネライ時計搭載OP III自動的にムーブメント動力貯蔵42時間、獲得スイス公式天文台(C.O.S.C。認証。

15
2016
08

時間の旅行者は文字盤に世界の美しい景色を遊歴ている

あいてる(ピーチアイジャスコフェス)神話の旅シリーズは最も奇妙な旅の最も有名なルートを離れ、インスピレーション、みんなをぶらぶら歩いてシルクロードやスパイスの道構築の夢の国に、美しい、魅力と親切な詩情世界中で存分に飛ぶ。
ピンアイジャスコフェス(コールセンタータイアップロ- xxl文字板デザインの由来は麗江平原で、伝説の中で玉龍雪山近くの宝塔?”。筋をスケッチして明るい靑空、靑白い雲の引き立てを枯らすかすかである、険しい山見せ壮麗風景、灼熱の赤い宝塔制如意めでたい祝福、微小精妙なモザイク世界喜びあふれる雰囲気。
ピンアイジャスコフェス(コールセンタータイアップロxxl -マイクロれんがをモザイク腕時計
18 kのプラチナのマイクロ朗々モザイク(タマ)、ケース、42×46ミリ
サファイア水晶の透明底蓋内には神話には
じゅうはちkのプラチナマイクロれんがをモザイクダイヤルは、設計の霊感はアジアの山水石
伯爵は超薄型手動でチェーン機械のムーブメントを搭載しており
動力貯蔵:約60時間
発振週波数:1時間21600度(さんヘルツ)
宝石の数:19石
機能:時、分の指示
18 kのプラチナ
ブラックワニ革のバンド
8枚、鐫刻独立番号(n°01 / 08)
g0a38565

15
2016
08

経典とオリジナルを育成し、ヘンリーうらやむ時「珍珍しい探し」

 報道によると、約10年間、多くの高級腕時計が伝統を使い始めは、ブランドの自主製造の機械ムーブメントを腕時計の設計我に返るで、これはヘンリー思う時は創立以来ずっと堅持してと追求のタブ準則。高級腕時計ブランド、ヘンリーうらやむは設計風格、理念、およびその他の高級腕時計と最大の違いは、毎年手作りの製造によって、経典が精良、希少独創性を極めた。ヘンリーの始まりに現職のCEO Edouard Meylanはインタビューでは、今自主生産部品など、時計ムーブメント発条と逃げ機構のブランドは確かに非常に珍しいというブランドを超えない世界で10、ヘンリー慕时正一つ。
ヘンリーうらやむの年の生産は約千個、1項の新しいムーブメントは5年の長い間、組み立てて1項の機能が強大で、設計する精密な腕時計は時間が50個近くかかることを必要とします。の部品の複雑さによって大量の生産ができなくて、製表師達は320個の部品の手の手仕事を磨くことを必要として、製作時間は長いです。しかし、アンリうらやむは、伝統的な製表の技芸を放棄することを放棄しないで、すべてヘンリーのうらやむの時に製表師達はすべて1輪の細部の完璧なことに執着して、1枚のヘンリーがうらやむする時の腕時計の貴重なことを確保して。

13
2016
08

パテックフィリップ伝奇歴史年表

 フィリップPatekフィリップ・、1家が始まったのは1839年のスイス有名な時計ブランドは、そのカードの表の平均小売価格は1万3000ドルに20000ドル。パテックフィリップ時計技術の上でずっとトップの地位があり、多くの特許を持つ、その時計は、元の工場を手作り精緻で、堅持して、美しくて、信頼性の高い品質の優秀な伝統で、パテックフィリップの強力な逸品の意識、優れた技術、続々と革新を創造した人を尊敬した時計ブランド。
伝説の歴史
1839年ご月いち日、2名ポーランド移民は、Antoni Patek(商人)とFran C ois Czapek(時計匠)ジュネーヴ共同に発足した「Patek、Czapek & Cie」会社。
1844年で、Patekパリ奇遇フランス時計匠Adrienフィリップ・。当時、Adrienフィリップ・さんは彼に展示を利用した表冠実現柄軸巻きと時間設定の革新システム。
1845年、Czapek決定会社を離れて構える、会社名が「Patek & Cie」。
1851年まで、フィリップ・さんに本格参入するため、会社名を変えPatekフィリップ・& Cie」。1901年に再び、会社名を変えAncienne Manufacture d」Horlogerie Patekフィリップ・& Cie、S.A」。
1932年、ジュネーヴ家を持つ高級時計の文字盤メーカーのCharles Sternとトリシェ総裁はStern兄弟を買収した会社。その後「Patekフィリップ・S.A .」はずっと家族企業。
2009年、Thierry Sternさんが総裁で、父のフィリップ・Stern氏が担当して名誉主席を示し、会社の管理権は三代継承者に正式に移行は第4世代の後継者。

13
2016
08

君JUNSDマスターズ表紹介、どう?

 深セン市くんマスターズJUNSD実業有限会社を設立し、1995年よんしよ月、数年来、ずっと努力を続け、その製品開発や深化。現在、運動のストップウォッチシリーズ、スポーツ車の時計、電動機シリーズシリーズ、レジャーリストシリーズ等。すべての製品は国際CE認証を通して、自分の特許を持って。会社は整っている管理システムを持って、国際化とは日に日に成熟している。10個の管理部門、60名の高級管理職、20名のエンジニア、450名の労働者。
君JUNSDマスターズ表紹介、どう?
君JUNSDどんなマスターズ時計
君JUNSDマスターズ現在中国各地で150家を持つ運動表ディーラーは、家と近いひゃくスポーツ車工場との良好な関係が、セットとよんじゅう余り国家と地区関係を確立して代理。2008年深セン市科学技術局からハイテク企業に授与され、同年末に深セン市の有名ブランド企業として認知されて。
君JUNSDマスターズ表紹介、どう?
2009年「JUNSDくんマスターズ」と評された広東省著名商標。君は深セン市マスターズ会社時計企業協会常任理位、中国は文体単位の液晶デジタルクォーツタイマー国家標準起草組織。
君JUNSDマスターズ表紹介、どう?
君は長年マスターズの良好な製品の信用と商業信用、業界の公認のエリート級企業。私たちは絶えず努力、より良いサービスを提供することを希望する。

13
2016
08

一方通行DASIND腕時計ブランド紹介

 スイス一方通行DASIND時計ブランドが中国市場に参入する時間は長くない、知っている人も多くない。しかし、経典のデザイン、ファッションのスタイルと正確な信頼性の高いムーブメントは、多くの愛時計を獲得している。
一方通行DASIND腕時計ブランド紹介
としてスイス一方通行DASIND時計ブランドの代理、ずっとから、竜はち表行非常に感激して多くの愛表者の愛顧を訪れると、竜はちとともに過ごした成長の歳月。
一方通行DASIND腕時計ブランド紹介
深セン竜はち表行の深センで時計市場の一等地――正街んでさ号、この表行販売がスイス聖ヤルノSENAROと一方通行DASINDなど腕時計ブランド、時計業界は長年の経験に精通し、ブランド腕時計を経営の道。竜の8表行は同時に工場からOEMの注文を受けて、経営の時計の項はタングステン時計、全鋼の時計とベルト時計などの多くのデザイン、設計して、ファッションが美しく、人気がある。
一方通行DASIND腕時計ブランド紹介
2009年、竜はち表行新店が占めて寸土の少しの金の華強北専門時計市場――深セン時計セット市場正街んでさ号、信じて「はち」の金銭シンボルに竜はちシートと時計ファンも好運を持ってくる。

10
2016
08

オリス:カール・ブラシア リミテッド エディション【2016新作腕時計】

 

ほんの数か月前、レトロでポップなブルーとグレーのツートンダイヤルのバリエーションが加えられ、これも大いに好評のようですが、今回は単なる色違いやデザイン違いなどではなく、同社として初めてブロンズケースに挑戦、製品化にこぎ着けたという、限定モデルとはいえ、極めて野心的なものとなりました。

ブロンズはパネライの限定モデルで採用され、一躍注目を集めた素材という印象ですが、ブラシアが1954年に海軍のダイビング・プログラムを無事に卒業、晴れて米国海軍のダイバーとなった当時のダイビングヘルメットに使われていた素材でもある、とオリスは説明しています。

10
2016
08

アートリエ キャリバー 112【バーゼルワールド2016新作腕時計】

 巨大なシングルバレルが生み出す10日間のロングパワーリザーブと、ゼンマイ残量が減るに従って針の移動速度が速くなるというユニークなノンリニア・パワーリザーブ・インジゲーターを備えた、2014年初出のオリスのインハウスムーブメント、キャリバー110は、昨年デイト表示を加えたキャリバー111としてレギュラー化を果たしましたが、今年はこれにGMT機能とナイト&デイ表示を加えたキャリバー112を発表、更なる進化を遂げました。

10
2016
08

メゾンから色々な復刻モデルがリリースされるようになりましたね

ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリにおいても昨年復刻時計部門賞が追加され、チュードルのヘリテージ・ブラックベイが栄えある第一回の賞を受賞したのも、まだ記憶に新しいところです。

現代の復刻時計の主流は、単なる昔の時計の再現では無く、過去に失われた素晴らしい意匠をはじめとする、名作達を名作足らしめた素晴らしいエッセンスを、現代の高度な製造技術を駆使して再解釈し、現代を生きる時計とすること。
いくら優れた特徴や意匠を持っていても、一般ユーザーが要求する最低限の性能を持っていなければ、例えば非防水の手巻き時計などでは商業的成功は望めないのです。

08
2016
08

爬虫類の皮膚や樹木の表面を思わせる迫力の外装

 

「UR105 T-REX」のT-REXとは、ご存知「ティラノサウルスの分類名(ティラノサウルス・レックス)」のこと。そのモデル名のとおり、外装を多う装飾は、まるで恐竜の皮膚のようだ。

外装だけでなく、12時位置にある大型リューズも爬虫類の表皮のように仕上げられている。それらはスイス時計の伝統的な金属の装飾方法「クル・ド・パリ」と呼ばれる手法が採用されている。この模様は緩やかに曲線を描きながら、6時方向にかけて模様が次第に大きくダイナミックになっていく。これらの工程を経て、さらに細かな砂を吹き付けて光沢を抑えるサンドブラスト加工、そして酸化処理を施されると、素材のブロンズの質感と相まって見事なマットブラックが現れる。ひとつひとつの緻密な職人技が「UR105 T-REX」を形作っている。

08
2016
08

独特の計時方式、新しい自動測定装置に目を見開かされる

 

この「アワーサテライト機構」は、バウムガルトナー氏が開発。世界でも希な回転ディスクによる時刻表示方法で、世界で高く評価された。その最新作では、4つの回転ディスクを使用した機構が登場。フレイ氏の製作にも手間がかかっており、熱心な支持者が生まれるのも当然の仕上がりだ。そんなメンズモデルのほかに、存在感のある宝飾仕様のレディースも今回は用意されている。

それと同時に、これまでにない、精度自動測定機能を持つ、“発明”と称するにふさわしい腕時計も登場した。電子デバイスによって機械式時計の測定を行うというのは、これまでにないエポックメイキングな仕組みだ。ウルベルグは、こうした新しい時計機構の発展を期待させる技術力を持ったブランドといえる。

08
2016
08

時計マニアに訊く「これが基本です」の3本

 

大振りなスポーツ系ウォッチの人気とともに、最近ではドレス・ウォッチも大型化する傾向にある。主流は36mmから40mmぐらいだろうか。スポーツ・ウォッチはケースの堅牢性や視認性の確保、クロノグラフなど多機能を搭載するためにも、ある程度の大きさを必要とする。これに対して、ドレス・ウォッチは、カレンダーさえも備えないシンプルさを信条とする。

大きな文字盤は美しさを損ない、多機能はときに散漫な感じをもたらす。時計本来の魅力を堪能するには小さめのケースがいい。シャツのカフに当たらず、手首に張り付くような感覚で、つけていることを忘れてしまいそうな一体感。他者にアピールするのではなく、自分自身が味わうための上質な存在。それがドレス・ウォッチなのである。

05
2016
08

誕生85周年を記念する最新作の「レベルソ」もラインナップ

 

1833年の創業以来、時計製造のすべての工程を一貫して自社で行い、エレガンスと現代的なスピリットを融合した最高峰のタイムピースを作り続けるジャガー・ルクルトは、スイス屈指の名門機械式腕時計ブランドである。

2016年2月24日(水)伊勢丹新宿店の本館4階にあるジャガー・ルクルトがリフレッシュオープンする。最新のデザイン・コンセプトに基づき設計されている。また拡大されたスペースは、落ち着きのあるベージュを基調とした壁にマットブラックのラインを配したデザインとなっており、洗練された空間となっている。

05
2016
08

雲間に現れる蝶の動きに注目

 

この時計「レディ アーペル ロンド デ パピヨン」は、ただ見ているだけでも楽しいが、それが計時のメカニズムと結びついているだけに、時計として秀逸である。

文字盤のセンター付近には、雲のモチーフが置かれ、蝶とツバメも配されている。漫然と眺めているとわずかずつ、蝶も燕も動き、蝶が隠れると、別の蝶が現れる。その後、都合3匹の蝶が1時間のうちに現れ、文字盤の上を動き、それに連れてツバメも少しずつ動く。

実は、ツバメは、12時間かけて左の翼の先が、扇型のアワートラックをなぞり、12時に達するとゼロ位置へ瞬時に戻るレトログラード式の時針となっている。蝶は分針の役割を果たし、バリアブル スピード ミニッツと呼ばれるシステムが雲の下に隠されている。雲の下に蝶のモチーフをセットしたディスクが3枚セットされており、リレーするように蝶が出現するよう設計されている。

05
2016
08

モチーフの造形も見事で魅入られてしまう

 

ヴァン クリーフ&アーペルのポエティック コンプリケーションは、毎年の楽しみの一つである。ある時は宇宙の神秘を、ある時は情感あふれるストーリーを、文字盤に出現させ、文字通りに、時計を詩的な(ポエティック)なものに仕立て上げる。ジェムセッティングも、名立たるハイジュエラーらしい素晴らしさで、時計に華やな彩りと輝きを与える。

2016年は、そんなポエティック コンプリケーションの充実ぶりが際立っている。ここで紹介するうちの2本は、美しく、独創的なことに加えて、メカニズムという点でも傑出した時計である。「レディ アーペル」の蝶の舞い踊る様や「ミッドナイト」のダイヤが発光する仕組みなど、ヴァン クリーフ&アーペルの追求する哲学と美が見事に反映されていることを感じるばかりだ。

04
2016
08

オーダーメイドのユニークピースがついに完成

 

このほど、ジュネーブでヴァシュロン・コンスタンタンから驚くべき複雑時計が発表された。

ヴァシュロン・コンスタンタンと言えば、2015年に創業260周年を迎えた最古級の時計ブランド。創業以来、途切れることなく時計作りを継続し、古来よりのジュネーブの時計職人“キャビノティエ”の伝統を色濃く継承する。

この節目の年に、伝統ある名門らしい特別な時計が誕生した。57ものコンプリケーション機能を有する“史上もっとも複雑な時計”である。

ヴァシュロン・コンスタンタンは時計をフルオーダーメイド可能なビスポークサービス「アトリエ・キャビノティエ」を展開しているが、このサービスを通じてある顧客が発注した時計が、このほど発表された「リファレンス57260」である。