29
2017
09

GREUBEL FORSEY 完全無欠の手仕上げ美

長らく知る人ぞ知る存在だったグルーベル フォルセイ。平均価格5000万円以上、創業以来の総生産数は約1070本と聞けば、よほどのコレクターであっても見る機会がなかったのは当然だろう。加えて、かつてのモデルはデザインのアクが強く、サイズも大きかった。つまり、買えるコレクターであっても食指を動かしにくかったことは否めない。


 しかし、銀座に新しくギャラリーが生まれ、年々デザインも洗練された結果、以前より敷居はずいぶん低くなった。価格は相変わらず途方もないが、時計の完成度を考えれば、これは妥当と断じたい。筆者の知る限り、止まった時計を軽く振るだけでキャリッジがひとりでに回り出すトゥールビヨンは、グルーベル フォルセイをおいてほかにないのである。

29
2017
09

スターン父子が創り上げたミニット・リピーター百花繚乱の極み

パテック フィリップのカタログを見ると、

同メゾンの中でも最上位に位置するグランド・コンプリケーションに分類されるミニット・リピーターの価格欄には「時価」と記されている。

これは、ミニット・リピーターがあまりにも高額のため、為替変動の影響を大きく受けるためだ。

この例を挙げるまでもなく、買い方ひとつとっても、すべてが例外的なパテック フィリップのミニット・リピーターであるが、

その稀少なモデルが7本、1カ所に集結し、しかも、その音色を聴き比べるという、夢のようなイベントが催された。

29
2017
09

原始ピュアネスを伝えるソリッドゴールド

ローマン・ジュエラーにしてウォッチメゾンたるブルガリを象徴する腕時計が「ブルガリ・ブルガリ」だ。ロゴを大きく刻んだデザインは、時代の要請やその時々のデザイナー、経営者の試みや思惑などが交錯して、時々刻々と変化を遂げた。メンズモデルに限定すれば、ここ数年は——CEOジャン-クリストフ・ババンの意向が強かろう——よりマッシブなスタイルのモデルが多い。2016年にリリースされた「ブルガリ・ブルガリ カーボンゴールド」のダークネスな色使いはその顕著な例ではなかろうか。


28
2017
09

自社内で手縫いされたアリゲーターストラップには、革の扱いに慣れた老舗らしい上質さが漂う

ところで、腕時計を日常的に使用していると、つい動かすのを忘れて止まってしまうこともある。そんな時も、このタンシュスポンデュは煩わしさを感じさせない。つまみやすいリュウズは2時位置にあり、すんなり引き出せるので巻き上げも針合わせも楽々。また、時間を停止させるプッシュボタンも、リュウズと同じくなめらかな感触で操作できる。ストラップはケース側からバックル側に向かって、なだらかに薄くなっているので、腕への着脱はスムーズ。しなやかな革のおかげで、圧迫感もない。時を静止するという、贅を尽くした特異な機能ばかりでなく、良質の素材を使用して、丁寧に作られていることも分かる仕上がりなのだ。その価値は、着けて使用してみると肌から伝わってくるはずだ。

28
2017
09

あたかも時の流れが止まったかのような気分を味わうことができる

このように夢幻を表現できるタンシュスポンデュは、他のアルソーラインのモデルと同様、外装のディテールも見る者を引きつける。シルバーカラーの文字盤は段差が設けられ、旋回したような流れに沿って置かれたゴールドのインデックスのフォントは、ことのほかエレガントだ。鏡面に磨き上げられ、丸みに段差を持たせたケースや、エルメスらしいラグも、独特の雰囲気を作り出している。カーブを描いたラグは馬具の鐙(あぶみ)を想わせる形になっていて、〝アルソー〟というコレクション名も、そこにちなむ。アルソーとは、フランス語でアーチ部分を意味する言葉なのだ。フォールディングバックルが取り付けられたダークブラウンのアリゲーターストラップも、この時計に似つかわしい。このように、さまざまな特徴を持つ構成要素が盛り込まれているにもかかわらず、調和したデザインにまとまっていて、それが他にはない魅力を醸し出している。

28
2017
09

【83点】エルメス/アルソー タンシュスポンデュ

美しい時よ、永遠に

仏教において、瞑想は悟りに至る道である。その際、意識を今に留めるようにすることが肝要だという。過去にも未来にもとらわれることなく、一瞬一瞬に心を委ねることこそが狙いなのだ。そのように瞑想していると、やがて時の流れという事象は、意識の彼方へと離れるという。


それからいくと、機械式時計というものは仏教的思考からはかけ離れた存在であろう。時計を身に着けると、針の下に潜む機械の世界や脱進機がチクタクと発する息づかいから、連綿と続く時間の経過を思い起こさずにはいられない。文字盤の針を見てしまうと、どれだけ時間が経過してしまったか、あるいはまだどれだけ時間が残っているかが否応なく分かってしまう。これに関しては、どの機械式時計も共通している。ところが、その例外を作り上げてしまったのが、エルメスのタンシュスポンデュだ。この時計は、普通に考えると明らかに不可能なことをやってのけた。すなわち、時を止めることができるのである。

27
2017
09

カミネ111周年を記念した「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」

8月24日(木)、東京・銀座にある「ブルガリ 銀座タワー」にて、世界で1セットのみが販売される「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」の発表イベントが行われた。


「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」は神戸を代表する時計店であり、ブルガリの正規代理店でもあるカミネの創業111周年を祝うべく誕生した限定セットだ。ピアノを模した特製のボックスには「オクト フィニッシモ スケルトン トゥールビヨン」と「オクト フィニッシモ ミニッツ リピーター」、「オクト フィニッシモ オートマティック」の「オクト フィニッシモ」シリーズ3本が入っているほか、今回のプロジェクト用に音楽家の坂本龍一氏が「ブルガリ オクト グラン ソヌリ」の奏でる音からインスピレーションを得て、作曲した「TIME」を収めたCDが付属している。

27
2017
09

ロマン・ジェロームのポップアップストアがエストネーション六本木ヒルズ店・大阪店に初登場

ロマン・ジェロームの定番と言えば、ムーンインベーダーシリーズ(人類の月面着陸を表現)やスチームパンクシリーズ(サイエンス・フィクションのサブジャンルであるスチームパンクを表現)だが、今回のエストネーション RJポップアップストアでは、日本のゲームエンターテイメントの歴史とも言える任天堂・タイトーコーポレーション・バンダイナムコとコラボレーションした大人の遊び心溢れるウォッチコレクション中心に展開される。

27
2017
09

モーリス・ラクロア限定ブロンズケース「ブロンズアイコン」9月発売

独自の機構とコンテンポラリーなデザインで「時計技術の伝統を現代的に再解釈する」スイスの高級ウォッチ・ブランド、モーリス・ラクロアは、2017 年のバーゼルで発表したAIKON(アイコン)シリーズの限定モデル『アイコンブロンズ』を9 月より全国の正規販売店にて発売を開始する。ブロンズを採用しているケース・ベゼル&アームは、持ち主の使い方や環境によって独自の経年変化を遂げる。空気や手で触れることによって、くすんだ感じが、使い込まれたエイジング効果として生まれてくるため、デニムの縦落ちのような、自分だけの時計として、“育てる”感覚を楽しめる。ヴィンテージカーフを使用するストラップはケースと同色のステッチでしっかり縫い上げ、ブロンズカラーのM ロゴとピンバックルを備えている。

26
2017
09

ティソ腾智シリーズ太陽CBAスペシャルモデル腕時計

ティソ腾智シリーズ太陽CBAスペシャルモデルはティソ表をそのとCBA(中国プロバスケットボールリーグに)協力献上の最優秀また、その人は、のような普通の選手の競技場の上で、それは本物の運動が上手だけでなく、外観の上で指先に魅力を持つ運動、更に全側位傑出表現。心タッチの間に融合コンパス、海抜測定や天気予報など多くの専門にじゅう機能を完成し、ソーラー充電、全面対応違う環境の挑戦。

ティソ腾智シリーズ太陽CBAスペシャルモデル表をはめ刻CBA公式ロゴバージョンのラインが勇者を生み、それを1項ファンに値するやコレクター大切な表項。この特別項の腕時計は限定生産、また勇者にして!

26
2017
09

伝承経典、ティソレトロ経典シリーズ1936複型どおり腕時計

ティソレトロ経典シリーズ1936複型どおり腕時計はティソ表は1936年発売の1項の経典シリーズの再解釈。そのデザインセンスにさかのぼるにじゅう世紀さんじゅう年代の腕時計の革命は、その時腕時計が徐々に置き換え懐中時計から主導市場は、この新しい製品はこの試みのリードに敬意を表する。悲惨で空前の第一次世界大戦の後、男性から実用性を考慮し、あきらめて懐中時計をなくし、装着腕時計。職人達は試みの懐中時計のケースの両側に溶接でアーチ掛け金用に、背面から乗せてバンド、をしな装着は腕の時計。ティソレトロ経典シリーズ1936複型どおり腕時計は制作の方式を採用したという。

26
2017
09

小さい体つきの大きい意義、ティソ力のロックシリーズ万元の腕時計の推薦の推薦

ブランドの創立記念150週年で、世界の高級ブランドティソ腕時計は、2003年に初めて発売した最もティソスタイルのロックマンシリーズ腕時計自動力。これも初誕生と命名したシリーズの腕時計、意義が非凡です。今日はみんなに推薦愛表現を3つの腕時計、腕時計の力はティソからロックマンシリーズは、両方の性能も価格は、いつあなたに合う。

ティソLE LOCLEロックマンシリーズAUTOMATIC力T006.408.22.037.00腕時計

腕時計シリーズ:T-CLASSICシリーズ

25
2017
09

オメガがスポンサードするニュージーランドチームがアメリカズカップで優勝未命名文章

オメガがオフィシャルタイムキーパーを務める「エミレーツ チーム ニュージーランド」が、6月26日にバミューダ諸島で行われた第35回アメリカズカップの決勝で「オラクル チーム USA」を下し、優勝を果たした。

25
2017
09

ル・マンの帝王に敬意を表したショパールの限定モデル未命名文章

毎年6月にフランスのサルト・サーキットにて行われるル・マン24時間耐久レース。そのトップカテゴリーであるLMP1クラスに参加し、先日、自社の持つ歴代最多勝利記録を19勝に更新したポルシェ モータースポーツへのオマージュとして、ショパールより「スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HFエディション」が発表された。

25
2017
09

科学の普及に尽力した人々に贈られたスペシャルなスピードマスター プロフェショナル未命名文章

ノルウェーのトロンハイムで開催された2017年度のスタームス フェスティバルにおいて、科学コミュニケーション賞のスティーブン・ホーキング メダルの受賞者へ、オメガから特別製作のスピードマスターが贈呈された。


 スタームス フェスティバルとは、科学、芸術、音楽が融合した祭典で、科学のより広い普及を目的としている。オメガはこのフェスティバルとのパートナーシップにおいて、オメガは科学コミュニケーション賞(スティーブン・ホーキング メダル)のメダル授与者に副賞としてスピードマスターを贈呈することになったのは先だって、このウェブ上でお伝えした通り。受賞者は音楽家のジャン・ミッシェル・ジャール、天体物理学者のニール・ダグラス・タイソン、そして人気テレビドラマ「ビッグバン☆セオリーギークなボクらの恋愛法則」の製作陣とキャストたちだ。

22
2017
09

フランク ミュラーのトータルブティックがGINZA SIXにオープン

このところ世間の注目を一身に集めている「GINZA SIX」。ここには、複数の時計ブランドのブティックが入っているが、時計だけでなく、トータルライフスタイルを提案するというユニークなコンセプトを掲げているのが、「フランク ミュラー ジュネーブ」だ。約350㎡という売り場面積は都内最大級。時計やジュエリーといったおなじみの商品はもちろん、ウェディングをプロデュースする「フランク ミュラー ウェディング」、家具や食器などで豊かなトータルライフスタイルを提案する「フランク ミュラー フューチャー フォーム」、そして世界初の試みとなる「フランク ミュラー パティスリー」といったブランドが展開されている。時計を通じて〝時の概念〟を探求してきたフランク ミュラーだけに、今後のさらなる展開が楽しみだ。

22
2017
09

ブルガリ セルペンティの新時代が到来

ハイジュエリーから時計まで、ブルガリのアイコンとして君臨する「セルペンティ」。再生の象徴として崇められる蛇をモチーフにしたその妖艶な作風は、多くの淑女の美意識を常に魅了する。そのセルペンティ コレクションから、より若い層へのリーチを可能にするモダンな新作時計が発表された。