17
2020
11

一般的なイメージである“機械式時計=高額”を打ち破る

ある年齢に達すると、本格的な腕時計が欲しいと感じる人は意外に多い。しかしムーブメントが機械式の時計は価格が高いという認識が根強く、またクオーツに比べて扱いにくいと考えられている。しかしもっと手に取りやすく、自由に気軽に機械式時計を楽しめるブランドもある。その代表格が「オリエント(ORIENT)」といえる。

8月27日にリリース開始を迎える「スポーツコレクション」に生まれたダイバーズウオッチデザインの新作は、機械式時計ながら3万円台という実に身近な存在。潜水機能はないが、ダイバーズ特有の機能中心の外観、日常使用において安心できる防水性能(20気圧)、読み取りやすい文字盤、日付と曜日の表示、暗闇で剣型針やバーインデックスが光る夜光(ルミナスライト)、ちょっとした時間を計る際に便利な回転ベゼル(逆回転防止構造)など、欲しくて使える機能を備えている。ここがポイントの高いところだ。

 

« 上一篇下一篇 »