10
2020
02

カシオ、バーゼルを辞任、グレーベル・フォーシーがジュネーブの時計と奇跡に別れを告げる

来年、バーゼルジュエリー&ウォッチフェアが3月下旬から5月上旬にかけて開催され、スイスで2つの時計の展示会を開催することを目的として、Watches&Wonders(旧称ジュネーブの高級時計サロン)が開催されます2つの展示会の統合による相乗効果を最大化する「スーパーデート」。しかし、セイコーとカシオの発表によると、この新しいスケジュールがまさに撤退の主な理由であり、両方とも展示会は新製品のタイミングと計画に合わせるには遅すぎると考えています。さらに、セイコーは、伝統的な展示モデルが時代遅れになっていることも示唆しました。「将来、セイコーとグランドセイコーの記者会見をさまざまな国で開催し、メディアとディーラーを招待します。」

ロイヤルスリーの「最も実り多い」市民である市民は、バーゼルワールドを離れる当面の計画はありません。グループのスポークスマンは、バーゼルワールドからの日本のブランドの連続撤退について尋ねられたとき、セイコーとカシオの決定に対する祝福と敬意を表明しました。 「各ブランドには、運営したい独自の戦略があります。もちろん、お互いに通信する機会も非常に楽しみです。現在、私たちの戦略は時計展示会で働き続けることです。タイミングは時計職人にとっても素晴らしいイベントです。」

 

« 上一篇下一篇 »