03
2020
01

毎日身に着けるからこそ手首に収まるサイズを選択

腕時計の知識が薄い人でも、腕時計にとって水が弱点であることはご存知かと思います。ケース内に水が侵入すると、サビがムーブメントを浸食し、精度が悪化。最悪の場合修理不能になってしまうこともあります。

そこで誕生したのが屈強なケースやねじ込み式リューズなどで徹底的に対策を施したダイバーズウオッチ。選ぶ時にはつい防水性能に目が行きがちですが、普段使いでの使用なら200m防水あれば充分。むしろ一生モノとして考えるなら、重視すべきはケースサイズなのです。理由はアンダー42㎜ならば、手首への収まりも良く平日使いには最適。逆回転防止ベゼルや夜光インデックス、便利なエクステンション付きブレスレットなど、ダイバーズウオッチらしい意匠を備えていれば、なお良いでしょう。

 

« 上一篇下一篇 »