02
2020
01

「奇跡の手」と呼ばれる技術力と世界最高レベルの開発力

世界初の「ミニッツリピーター」(1892年)や、ソネリや永久カレンダーを搭載した「グランドコンプリカシオン」(1899年)など、“奇跡の手”と称されるスイス時計界の重鎮。1875年の創業地に、複雑時計専門のアトリエを置いています。

超複雑時計で別格的な地位を築くいっぽうで、1972年には金無垢が当然だったラグジュアリー時計界にステンレススチールケースの高級スポーツウオッチという新境地を拓いた「ロイヤル オーク」など、近年は幅広いコレクションを展開しています。

 

« 上一篇下一篇 »