11
2019
12

「存在感と装着感の両方でレベルの高い一本」

―― 学生時代は異なる分野の勉強されていたとのことですが、どうしてトミヤに入社されたのですか?
青木さん:「知識はありませんでしたがジュエリーに興味があったことと、誰かの幸せをお手伝いする仕事に就きたいと考えていました。そこでトミヤと縁があり、現在に至ります」

―― 戸惑うことも多かったのでは?
青木さん:「初めはジュエリーだけを扱う店舗に勤務していたので、とにかくジュエリーについて勉強しましたね。そのうちにユーロサロン(岡山市北区表町)に異動になって、時計も担当するようになりました。当初は知らないことばかりでしたが、知識を得ていくうちに時計の奥深さに興味を持つようになりました」

―― いまではすっかり時計好きに?
青木さん:「はい(笑)。電車の車内で、みなさんがどんな時計を着けているか、気になってついつい見てしまいます」

―― そんな電車に乗っているときなどで、男性が着けていたら“ハッ”とするような時計って何でしょう?
青木さん:「私はフランク ミュラーのロングアイランドを着けていたら、凄くオシャレな方だなと思います。カーブしたフォルムが見た目の想像よりも装着感が良く、スーツにもマッチするデザインといえます」

―― 現在だとヴァンガードが好評ですが、あえてロングアイランドを選んだ理由は?
青木さん:「飽きの来ないデザインで、大胆なケースながら繊細な表現のダイアルが好きだからです。それと、個人的に創業年が私の生まれた年。つまり同い年という運命的なものも感じています(笑)。ペアで揃えることもできるコレクションなので、大切な方との記念時計としても選ばれています」

問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店  

« 上一篇下一篇 »