12
2019
10

IWC「ポルトギーゼ」/時計にまつわるお名前事典

IWCの「ポルトギーゼ」が誕生したのは1939年。最大の特徴は大型のケースで、それが今日のトレンドのビッグウォッチのパイオニアとしてもしばしば語られる、歴史的名作時計だ。

「ポルトギーゼ」の誕生のきっかけは、1930年代の終わりのころのこと。ふたりのポルトガル人の商人がIWCを訪れ、マリンクロノメーターと同じ精度を持つ腕時計を、と注文したことに始まる。

 そこでIWCは懐中時計のムーブメントを搭載することにする。当時の腕時計はまだ草創期にあり、そのため高い精度が必要とされる軍用時計などには、大きく完成度の高い懐中時計のムーブメントを使用するのが、時計業界での常套手段であったのだ。

 結果、「ポルトギーゼ」はケース径42mmという、当時としては異例に大きな時計となった。これが大型ケースの理由。「ポルトギーゼ」の大型ケースは高精度の証しなのだ。

 しかも「ポルトギーゼ」がユニークなのは、懐中時計用ムーブメントを搭載した高精度時計でありながら、明らかに軍用時計とは異なる作法で作られたこと。あるいは、ポルトガル人商人の注文が最初からそうであったのかもしれないのだが。とにかく、軍用時計のようにただ高精度なだけではなく、市販化され民間で使われるモデルとして作られたようなのだ。

 というのも、IWCは「ポルトギーゼ」とほぼ同時期に、ドイツ空軍のための「ビッグ・パイロット・ウォッチ」を、やはり懐中時計用ムーブメントの搭載により開発している。ところが「ビッグ・パイロット・ウォッチ」のケース径55mmに比べ、「ポルトギーゼ」の42mmはずいぶんと小さい。ケース厚もずいぶんと薄くされている。その理由は「ビッグ・パイロット・ウォッチ」が当時のIWCのムーブメントで最も高精度のキャリバー52系を搭載したのに対し、「ポルトギーゼ」はより小型で薄いキャリバー74系を搭載したからだ。つまり「ポルトギーゼ」は意図して小さく薄く作られた、ある意味、ドレスモデルであったのだ。

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー腕時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。http://www.ikebukuro777.com/
 

« 上一篇下一篇 »