27
2019
09

Blancpainの全く新しいShakudy銅彫刻腕時計

 Blancpainは彫刻、エナメルの色彩画とダマスカス金糸の象眼腕時計が有名であるほか、2015年には日本に由来する「赤銅」のシャドー画技術にも進出しました。プラチナは、銅と金で作られた、青と黒の間で採られた暗い銅色の緑色と成分や構造によって異なる合金製のものです。
金属を暗い銅の緑色にするには鈍化処理を経なければならないが、不動態化の過程では酢酸銅(灰緑)を使って、またrokushペンダントと呼ばれる溶剤を使用しなければならない。歴史の上で赤銅の工芸はかつて刀の剣、装飾品とアクセサリーを製造することに用いられて、職人達は更にいつも赤銅の作品の中で彫刻と装飾の芸術に参加します。

« 上一篇下一篇 »