26
2019
09

豪雅の新型カローラ炭素複合材料コンセプトタイムウォッチ

 Carera CMCのデザインインスピレーションは、1963年に発売された最初のプロレーシングのための自動車レースのスポーツマンとして設定されたカレーラスポーツのタイムウォッチから生まれました。ケースは2012年に登場した画期的なカレライMikrogirderタイムウォッチをもとに、後者は2012年11月に開催された「ジュネーヴ時計大賞」の中で最高の栄誉を獲得しました。賞(Aiguille d’Or)」を受賞しました。
豪雅Carera CMCの非対称「牛頭」のケースとブレード式のウォッチデザインは、Mikrogirderのタイムウォッチをもとにして、表冠とタイムボタンは12時位に位置しています。伝統的なタイムウォッチとあります。もちろん最大の違いはCMC複合材料及び極めて複雑な精微製造技術です。両方とも表業界の先河を作っています。この強化炭素繊維は、層ごとに厚さ0.007 mmしかなく、先端技術を通して立体部品を作って、加熱と圧縮処理を経て、その中の化学反応は柔らかい弾性炭素繊維の薄層を超強固な部品形状に変えます。この先端技術は今までのところ、主に一級方程式レースと宇宙飛行工業に応用されていますが、腕時計の製作に有利な複雑で精密な部品加工はほとんどいかなる形状の制限を受けず、精度が最高です。このほか、この時計は豪雅な厳格な品質テストを経て、普通の腕時計より丈夫です。傷や磨耗がないように、軽量で腕に装着するのが快適です。

« 上一篇下一篇 »