25
2019
09

美学と精度の交差点はゲーラのソティSenator Chronometer Reglator腕時計です。

 三針の一線式を挙げるたびに、時計は特定の振り子と関係があります。このような振り子時計の主な用途は、一方では、表師により、その表坊で正確な時間を設定して、より小さい時計の精度をテストするために使用させます。一方で、それらは科学的な研究にも使われています。極めて正確な時間測定基準として使用されています。読みやすい時間のために、各針は時計盤の異なる軸に配置されています。中央に位置しているのは単独の分針で、主要な位置を占めています。時計と秒針は小さく、中央から外れる位置に配置されています。http://www.ikebukuro777.com/新しいSenator Chronometer Reglatorの文字盤の位置は特別に編成され、腕時計に合うサイズに縮小されました。文字盤の中で一番重要な中間位置は分で占められています。時間盤と秒針盤は文字盤の上下に分かれています。
文字盤を囲む円周は精巧に描かれた分輪で、彫刻とメッキで黒を加え、時間盤のローマ数文字も同じように描かれています。
シンボル的な大きなカレンダーウィンドウは3時の位置に置かれています。濃い黒の文字数は象牙色のディスクに印刷されています。文字盤全体のスタイルに溶け込みます。日付は真夜中12時に正確に変わります。このデザインは初めてゲーラの蘇蒂の自宅で作った95芯です。日付の調整を容易にするために、腕時計は昼を表示する機能を持ち、時間盤の下端にあります。朝の6時から夕方の6時まで、小盆の上の小さな丸い点は白色で、夜6時から朝6時までは黒です。

« 上一篇下一篇 »