05
2019
05

北京の腕時計は高級消費者団体を印象づけるのに場面マーケティングを使用する

インターネット時代はトラフィックとポータルを争っています、そして、モバイルインターネットの時代では、スーパーコピー時計競争は場面です。従来のマーケティングが消費者に接触するのがますます困難になる時代において、消費者に真の価値をもたらすシナリオに基づくシーンのマーケティングは新たな戦場になるかもしれません。 2017年には、美しい答えであると言うことができるこの作品にブランドがあります、このブランドは北京の時計です。


0(9).jpg北京時計は創業から60年が経過し、複雑な生産と高級時計のカスタマイズに注力してきましたが、モバイルインターネット時代の到来と「ミレニアル世代」の到来により、若い消費者にとってより魅力的になるでしょうか。ブランドの認識を精神的に強化する「興味深い」コミュニケーションは、重要な市場の考慮事項の1つになりました。


これに基づいて、2017年北京時計はシーンのトリガーに基づいて、「シナリオ設定+コンテンツフィット+購買を生み出す」というシーンマーケティング手法で、ユーザーのニーズと問題点を深め、ブランドはインタラクティブ、逆説的、眼球、熱い、マーケティングです性の質的な改善があります。




ブランドの最も理想的な状態は、消費者が何かをしたいと思っているとき、思い出すための主導権を握ることができるときです。記憶を引き起こす手がかりは、ブランドの印象的な製品機能、またはブランドのロゴ、Sloganです。これはシナリオマーケティングの最初のステップでもあります。それは、消費者のニーズが自社製品に対するものであることを特定することです。ラグジュアリーはかつてハイエンドのイメージ、特に身分の象徴である時計を目の当たりにするために使用し、北京は常にあらゆる人生の歩みからのエリートの象徴となっています。北京では、テーブルは金色の結婚式の記念テーブルでカスタマイズされました、そして、2017年に、Kissingerは国際的な交換の機会に出席するために北京の時計を着ました。 2011年には、Li Ka Shing Foundationが320の北京の時計をカスタマイズし、「I DO」の会長とチェーンの会長も北京の時計をカスタマイズしました。すべての時代の先駆者たちは北京のハイエンドな価値を確認しました。


« 上一篇下一篇 »