16
2019
04

帝舵腕時計の摆輪部品はどうやって分解しますか?

腕時計の知識:帝舵の腕時計の摆輪の部品はどのように分解しますか?腕時計のサイクリングのセットとチャックの付属品の方法:1、表のねじで裾の夾板のねじを回して、ピンセットの指で裾の夾板をとります。2、指でチャックをはさみ、快速針の内外の端をアンビルの溝の中に置いておきます。3、遊糸は軸の破損、遊糸の汚れや変形がひどい場合にのみ折られます。4、防振器を解体する時、防振ばねはヒンジ式の構造に属しています。使える棒の針先は両側のばねを一つ一つ溝の中から出します。

1、腕時計のねじで裾の添え木のねじを回して、ピンセットの指でそれを取って、後期に更に表のねじで支え板の切削溝に挿入してチャックをこじ開けます。摂指でチャックを取ってから外側に横にして、それを上に出します。同時に遊糸とサイクリングが他の部品に引っかかることを避けて、遊糸奇形を予防します。腕時計が軸を振って樺を下の防震席から離れた後に、仕切板を一緒に並べて輪の部品を支えて時計機を離れます。サブプレートとホイール組立品は取り外した後、逆さまに置いてください。

2、指でチャックを挟み、緩針の内外の端をアンビルの溝の中に置きます。このように、テーブルネジでスピードピンの外側を回転させると、スピードピンが外れてしまうのを防ぐことができます。また、スピードピンの回転を妨げることができます。緩い針の外側に挟まれて緩めた後、プレートを少し斜めにして、外側の杭のねじをテーブルネジのドライバーで緩めますが、それを外さないようにします。同時に、ねじのドライバーをねじ穴のところから滑らせて、他のカビが壊れないように注意してください。杭が抜けられないように、杭の中に棒で杭を入れて外杭を突き出すことができます。このように、サイクリングモジュールは振り子サンドイッチを高くします。

3、遊糸は軸の破損、遊糸の汚れや変形がひどい場合にのみ折られます。取外しの方法は、サイクリングユニットをアンビルに置いて、下軸を落として、ダブルディスク部品をアンビル穴にゆっくり入れることができるようにして、トランペットの刃2本のねじドライバーを反対方向(内杭の欠けたところを避ける)に同時に遊糸内杭の底部に入れて、内杭をこじ開けてから遊糸部品を振り子軸から離します。

4、防振器を解体する時、防振ばねはヒンジ式の構造に属しています。使用可能な棒の先端は両サイドのばねを一つずつ溝の口から出して、防振ばねを開けて、反対に挟み込み板を置いて、防振器とその中のドリルと一緒にドリルを置くと倒せます。防振ボウルとホルダードリルが分離できない場合、アンビルの円穴に防振ボウルを置くことができます。円穴の周りは防振ボウルの縁に耐えられます。円穴の直径はブラケットを通して、摆軸樺の棒の針先から防振ボウルのスイング穴の中の頂部まで少し細く伸ばします。防振器の中のドリルが倒れにくい場合は、ガソリンに浸して洗って分離します。


« 上一篇下一篇 »