22
2019
03

バーゼル前展望-真力時のパイロットエナメル表重ポンド出撃

2014年のバーゼル表展が最後のカウントダウンに当たって、真力では新しい時計を3つ発売すると発表しました。その中で一番気になっていないのは、超大サイズのパイロット表であるType 20で、これまでのパイロット表の制作理念を覆したことがあります。

新たに発売されたこの真力時のパイロットシリーズType 20腕時計は、60ミリの大表を採用したもので、表面全体が完全に透明なサファイアの殻に包まれている。これは本当の力の時に歴史上首の宝石を表殻材質とした腕時計であり、歴史上最大の透明な表殻時計である。

また、腕時計は技術的に明らかにしており、表盤は大明火のエナメルを使って焼制し、表輪、時計耳、表冠はいずれもプラチナの材質で、表面は手作業で華貴な模様で、全体的に強い工芸性を体現していて、従来のパイロット表とは全く違う。


« 上一篇下一篇 »