05
2019
03

前回の東京五輪に登場した黒科学技術がもっと伝奇されている

誰がオメガが記録した17回のオリンピックの会計時権を独占した記録を破ったのですか?科学技術が経典に出会って、どのような火花にぶつかることができますか?

リオ五輪の閉会式「東京八分」が、日本の二次元技術を世界に見せた。Perfumeチーム+椎名林檎が作ったミュージックビデオの披露宴、次元の限界を破って、ARと3 D投影技術を駆使して、ダイナミックな音楽に合わせて、東京を世界の前で驚かされた。

しかし、2020年には東京オリンピックが期待されるとともに、1964年の東京オリンピックを利用しなければならない。日本で開発された黒科学技術は、世界の注目の焦点となるセイコーエプソングループ(当時諏訪精工舎という)が自主的に開発した水晶精度時計と印刷タイマー。17回のオリンピック会計の時権を独占する記録を破った!当時、セイコーエプソングループ(当時、諏訪精工舎という)人の頭の中では、東京でオリンピックをやっていたから、東京オリンピックは必ず自国のカウントダウンをしなければならないと思いました。そこでセイコーエプソングループ(当時諏訪精工舎)が求めた「省、小、精」の制表理念の駆動のもと、水晶の精密な時計と印刷タイマーが東京五輪の競技場で登場し、世界を驚かせた。


« 上一篇下一篇 »