21
2019
02

自動機械腕時計についてどのように診断しますか?

自動機械表の一般的な故障の問題をどのように診断しますか?今日は、機械の時計は比較的に問題が出やすいので、次はどのように自動機械の時計のよくある故障を診断して、およびよくある故障の修理の方法と時計の保養です。

1、自動機械の時計を修理する前に先に故障を判断しなければならないのは自動機械表の以前の機構で、やはり自動機械表そのものから、特に原動機構と自動構成である。

2、手の上条機関が付いている自動腕時計の中では、先条を通して原動機構の作業が正常であるかどうかを確認すると、正向に条柄を回転させる過程で、ラウンテンが大鋼鉄の車輪の上で弾けているのを観察していると、周囲が追い詰められていると感じた場合、原動機構は基本的に正常であることを示しています。

3、発条がすべてしっかりした後に、本の箱の内に発布するのも正常な範囲に属していても、自動腕時計の発条は普通機関の時計の発条とは異なるため、主発条の外に副発条を加えた。

4、専門家は、自動機械腕時計の原動機構が、このような措置をとるのを防ぐために、自動機構は上条にアップロードして機材を損傷すると指摘した。発条には一定程度の滑りがあって、発条があるべき出力のトルクを保証することもできるし、自動機構の継続的な作業を妨げない。

5、手の上の機関を設置していない自動腕時計の中には、大鋼輪のねじを入れたナット僧の内に、テーブルを開き、回転させて髪を締めて、観察と感覚がある。

6、上述の2つの場合、機械表の原動機構が正常であることを表明して、さもなくて先に自動機構の以前の機関が出した故障を補修して、それからまた自動機構を修理します。重複して自動機構を解体しないようにします。

7、自動機関の故障を検査します。自動ハンマーを回転することができて、もし自動機構の伝動が比較的に柔軟であるならば、ラウンテンは大鋼の車輪の歯の上で跳ね跳んでいるならば、自動機関は基本的に正常であることを表明します。

8、自動ハンマーが回転する際に、機械の上の機関の部品の部品がついてくると、脱開装置が故障したことを説明して、手の上に、自動ハンマーが高速で運転すると、別の脱走装置(自動上条系脱開装置)が故障したことを示す。


« 上一篇下一篇 »