14
2018
05

北京晩報「紅星」長征勝利80周年特刊品読会及び紅軍長征勝利80周年記念腕時計共有記事

9月1日、「北京晩報『紅星』長征勝利80周年特刊品読み会及び紅軍長征勝利80周年記念腕時計共有会」が北京日報社で開催された。『紅星』特刊報道組長の代表として、北京晩報総編集室副主任の李海青と警視庁の副主任のホレイは、長征路の沿道で取材した体験と真実を語る。また、『紅星』特刊取材チームの公式カウントダウン「紅軍長征勝利80周年記念腕時計」が正式に発表され、北京時計工場の工場長の苗洪水が、時計の選型カスタマイズの背後を記念した物語と独特の品質を語った。この日、多くのメディア代表やプロの腕時計が現場に臨み、参加品の共有会に参加しました。

\と

紅軍長征勝利80周年を記念して、北京晩報は「紅星」特刊の取材陣を設立した。6月28日から、紅軍の長征路線に沿って長征の親歴者と後人を取材して、独特な視点で感動の物語を発掘し、革命の英烈をしのいで、長征の精神を敬意を表します。『紅星』特刊の取材チームは、10の報道チームに分かれており、今まで、湘江、赤水、遵義、雅安、会寧などの長征沿線の重要なノードに先立ち、取材を深めていく。彼らは激しい暑さで、暑さを冒して、村を訪問して、老老を尋ねて、遺跡を探して、霊園に参拝して、明け方に出発して、激しい雨の中で行進して、多くの歴史の証人と研究者のところから、多くの貴重な詳しく、生き生きと感動的な長征の歴史を集めました。品読会の現場では、報道陣の2人の班長のホレイ、李海青さんが、赤水や会寧の取材で見たことのあることを語っている。彼らは一方では再現したインタビューに当時の紅軍の長徴の過程の真実シーンで、同時に自分の実感を分かち合ったあの特殊な歴史の時期に長徴の精神が含まれた意味。北京時計メーカー苗洪波工場長を述べることに長徴の精神の理解と悟ること、またもっと詳しく紹介した『赤い星」特集取材チーム公式カウントダウン"紅軍の長徴の勝利はちじゅう週年記念時計」選定カスタムの細部と品質。最後に、苗洪波は「一枚の小さな時計遠足りない偉大な長徴の精神を代表して、しかしを通しと北京晩報連合カスタマイズして記念時計んこの偉大な革命の気持ち」。公式カウントダウンし、紅軍の長徴の勝利はちじゅう週年記念時計と取材チームの足どり重くて長徴の道を経て、風雨を恐れず、大革命精神。この意義非凡な腕時計、だけではなく、時間の記録装置は、長徴の精神不朽の託す、革命の気持ちと運ぶ。


« 上一篇下一篇 »