14
2018
05

それを買いました!精工自動腕時計誕生60周年記念モデルと白黒

精工はずっとスイスの製表業の強大なライバルで、同社は1956年に初の自動腕時計を出して、1969年に、精工は首の導柱輪と垂直離合の自動のカウントダウン番号を出しました。2016年は精工自動表誕生60周年で、精工Preetシリーズが本格的に国際市場に進出した第1年で、精工はこの非凡な時期を記念して新モデルを発売した。

簡単に言えば、精工限定の時計は、自産導柱輪のカウントダウン+大明火エナメル麺(白盤)、または日本大漆芸マスク(黒盤)の複合体であり、定価制限を非常に合理的なレベル(人民元1万7千元以内)に制限できる。

1枚目のモデルSRQ 019J 1は、白エナメルプレートを搭載し、独特のGrランドFeu大明火エナメルで、約800- 1000度の高温下に火をつけた素色エナメルです。この工芸はスイスのブランドの中では従来のトップブランドだけが使用されています。例えば、グループの雅克徳羅は、スイスのブランドも大切にしています。来たのは8枚だけで、最大88枚を作っています。現在、日本の精工表の内部では職人チームが作って焼かれていて、エナメル盤の品質はJDに劣らず、限定モデルでも1000枚以上が発行されています。


« 上一篇下一篇 »