11
2018
04

腕時計の保値について話をすると、なぜ中古が保証されているのか

問題を解決する前に、私は2時を表明します。第一に、すべての人の消費観が違うので、ご自分に合った消費方式;第二、世界のプレーヤーと思ふ時計、ブランドの専売店を表、保障無リスク。

前に、私のいくつかの観点をいくつか質疑を受けたユーザーが、これはとても正常で、腕時計を見ていると私の価格と皆さんが市場に見た腕時計の価格は同じではありませんて、甚だしきに至ってはブランドの高低の位置に、私が見たと市販の時計位置決めすべていくつか区で、これをもたらした。私のいくつかの観点と一部のユーザーが違う。

まず私は私の申し上げますと、どんなには腕時計は中古の表は限り、遊び表(注意、私が言ったのは遊びではなく、金もうけを目的に売って表)、基本はすべての損失の多数を占めて、個別の表が引き分けあるいは少し儲け。一般的には、多くの損失と不足の問題である。保値二字とは、収支が基本的に引き分けとなること。

例を挙げて、友人の前に30万台以上の車があったが、その後、車を交換した時に譲渡された。腕時計と車は基本的に同じです。ただ1匹の腕時計が膜を引き裂いて、手をつけて、一日か一ヶ月かけても、この時計は中古の時計になりました。中古表になると、この時計が手を出すと、価格は直接半分(ブランドの縮水程度が違う)。

どうしてちょっと折れてしまったのですか。なぜなら、中古の市場は買い手と売家が共同で買う価格の場所で、もし価格が高くなったら、誰も手を引き継ぎません。海外から表を買うと、為替レートに割引があって、時計に6割引をしたことを知っています。だから、5割引まで、より低い価格では、誰がこの時計を買うことができますか?これは新しい時計で、価値が大きく縮むことがあります。


« 上一篇下一篇 »