05
2018
02

ロレックス不機嫌ドリル目盛迪通を116518【本命年の労が獲」

タイトルを見て、みんなは私に対してこのRolexの目的はもう幾分知りましょう。は、実はRolex本来は私のサテン表手配中で、少なくともここ数年ではない。

人を通じないではなくてはならない,今年は私の本命年だ。昔語りは、本命年戴点「黄品」が闢邪、厄除け。表のファンとして、自然に塊金と表。もともと选塊金表も難しいことじゃない、心の中にも多くの候補のブランドやデザイン。しかし、干支の推定によって、これまでの本命年とは違って、今年は赤、緑、青、黒、白をやめた。これでは困る、今表項も流行バラの金、通称「红金」、これがタブーのよ!私はプラチナデザインに興味がありません、それでは黄金素材しか残っていません。

あれこれ考えあぐねる、すでにを尊重した民俗、私より大俗に1回。ロレックス!「純すくい」との語呂合わせのロレックスが優先的に選ばれた。普段装着した時計と衝突しないように、すべての3針のデザインを排除しました。Day-Dateシリーズはやや老けて見える、買っても数年後の選択。Sky-Dwellerシリーズの価格が高すぎて、追いつめPP、あきらめ。そこで、迪通持ちになった最良の選択は、4130ムーブメント成熟し、安定、72時間運動エネルギー保存のとても適当な。また、カウントダウン機能も人表のやりとりを増やしている。1回の授業の後、決定は活気に満ちたパンダの顔と息の十分な不機嫌ドリル目盛りに二选その1。

ちょうどが不機嫌ドリルスケールの116518Gベルト項が入荷。この取り組みは最も合私の意は、金のドリル(進が儲け)が讨口彩、しかもベルトの中で覇気を何分教養。そこで、すぐに友人に注文・支払いを手伝ってくれて、焦って待っていた後に、今は時計が手に入って、うれしい気持ちには言えないよ!


« 上一篇下一篇 »