05
2018
01

徳州ダラスロレックスビルはすべて姿を変える有機都市建築の新しいランドマーク

ロレックスは徳州ダラスにある新建築が先日行われた。この建物は計画をななしち階建ての中流の建築敷地約138、857平方英〓に隣接し、ブランドが1984年に建築のランドマークビル。ロレックス計画じゅうはちヶ月終瞭後、現在位元ビルのアフターサービス部門に移してこの新しい建物の中で。その時に新設されたビルは新たな「ロレックスビル」を、本来のロレックスビルは「ワンポイントHarwood」に改名。

新しい「ロレックスビル」の建設工事は世界的に有名なHarwood不動産会社や、東京の隈研吾建築士事務所共同。今回のコラボ企画隈研吾建築士は、構築出捏ねる自然元素や都市風貌の環境は現代建築の基本概念。私は希望を今回とHarwood不動産会社の建物はダラス協力計画を融合自然の元素の建築。これに基づいて景観建築の概念が製造したのロレックスビルは一変してダラス建築の都市景観、有機都市の重要な元素。

Harwood不動産会社の創始者兼CEO Gabriel Barbier-Muellerは、ロレックスビルはダラス史上初の建物は日本の建築家がデザインした建築、「ダラスはたくさんある賞を受賞した建築で知られるけど、日本建築デザイナーになる施設計の建築は初めてがこの都市の中で。

この建物は新しいロレックスビルの中で、かなり鮮明な特色は各フロアにも巧みに使って空間を配置した和風の花園。庭の部分は庭の景観の大家であります。ビルの石の壁は基底塁に伸びるの両側の池と人工小さな滝。


« 上一篇下一篇 »