25
2017
12

初の背中の開いたブレゲ時計タイプもあり3817パイロット

2016年バーゼルブレゲ時計展で、更新したTYPEありパイロット時計を開始した。同シリーズ初の背中透腕時計-- TYPEあり3817、外形はもっと復古、ムーブメントの方の近代化。

ブレゲ時計背景パイロット

ブレゲと航空の深いきずながある、遠い、にじゅう世紀初頭、ブレゲ老さんはかつてひ孫Louis Breguetルイブレゲ、彼は早期の航空先駆の一つで、有名なブレゲXIXを創造した飛行機は1922年歴史をつくり、からまでもパリニューヨークの1番機。1954年、フランス空軍をブレゲ時計、カスタマイズした38ミリのタイプXX飛返クロノメーター、空軍のパイロットのツールとしてフランス時計に至るはちじゅう年代初頭。

ブレゲ時計復興後、1995年に再発売39ミリのTYPE XX 3800腕時計、腕時計が発展してきた様々な変化を遂げてき、後にはもっと大きいのはあり3810バージョン42 mmタイプには、更に先進的大きな44 mm高週波バージョンTYPE XXII 3880、これからムーブメント。これらのTYPE XXシリーズの共通の特徴は军表スタイルのケースは、サイドが飾ってある貨幣紋、濃い色の文字盤、白い夜光の数字と針飛び帰って、カウントダウン機能。しかし彼らはすべて密底に設計されていない!


« 上一篇下一篇 »