08
2017
12

スイス美度表「インスピレーション源は建築」世界の旅—ルツェルン駅ソウル駅&

スイス美度表「インスピレーション源は建築」の世界じゅうに町のインスピレーションの旅に続いて、モスクワとバンコク駅に来た後、「最も文芸」の町、ルツェルンと「娯楽」の町、ソウル特別市。をを活動の参画度、美度特別招待「Design Schenken(ルツェルンデザインウィーク」の創業者のFranziska Brうndlerとモダンなファッションの韓国人シニアメディアエリックByeong-Jun Min、希望から彼らは建築と文化の独特の視点を探ってルツェルンとソウル特別市この2基の融合潮流と伝統的な芸術を懐かしむ美しい都市。

スイス中部のルツェルンに位置し、13世紀以来アルプス山脈の重要な商町。スイス美度表「インスピレーション源は建築」に発表したすべてはご最も経典の、最もルツェルン代表性のランドマーク的建築、それぞれ:ルツェルン駅、布尔巴基パノラマ館、ルツェルン九塔、卡佩尔廊下やルツェルン文化芸術センター、十分に体現しルツェルン特有の歴史の粋と芸術人文内包。夏の終わりに秋の初めは訪れルツェルン時節の一つの理想、年に一度のルツェルン音楽祭は必見です、深さを体験ルツェルン最善の方法よりも、ルツェルンから文化芸術センター、その座をさせてはフランス建築家・ヌーヴェル制の未来を感の代表的建築出発。また、ヨーロッパ最古の木造卡佩尔旧市街に入って廊下を廊下に沿って歩いて、ルツェルン湖畔Seebadまで埠頭、湖ではレストランを味わいながらスイス美食を見ながら、この文芸古城すばらしい親水風光。


« 上一篇下一篇 »