06
2017
12

星が輝き、帕玛ジョニーTonda 1950シリーズ銀河腕時計

新しい帕玛ジョニーTonda 1950シリーズ銀河腕時計は一枚のとても特別な時計、そのデザインセンスと塔威穀広い壮麗な夜空、あそこも帕玛ジョニータブ工房の所在地。文字盤を通じて靑いガラス制砂金それ、完璧なこのうっとりする光景が現れて、その内ちらほら散る銅の成分、さらには満点の還元した広い夜空に星が輝きの情景、令一人一人のそれを見る人も酔う中、自ら抜け出すことができない。同じ、ケースにその他の地方のデザインもきわめて目立つ:ケース外郭を作成する84ダイヤモンドの華麗なベゼル、組み合わせの深い文字盤、寓意をめぐって銀河の「光」、表冠所オパールの使用は、星雲の縮図を連想させる。想像できる、そんな一枚時計コーディネート正装服飾は、どのような優雅に淡々と風格を放つ。

この帕玛ジョニーTonda 1950シリーズ銀河腕時計内部乗せて行くCal.PF702型自動的にムーブメント装着者を通じてサファイアクリスタル透け表を便利な観察その細かい部分、例えばジュネーヴ波紋や板面取りなど高い研磨技術の運用。それは29の宝石ベアリング、160の違う部品組立、振動週波数を提供することができ3Hz、48時間のパワーリザーブ。ケースの方面が完全に採用研磨18 kバラ金材質で作り上げて、大きさを39mm、厚さは8.4mm、防水の深さはさんじゅうメートル、1枚の正装腕時計にとって、これらのパラメータはもう十分だ。

に戻って防反射サファイアクリスタル表鏡の後ろの美しい文字盤は上がってきて、18の時になるとゴールド?三角形分針「星」で盤面の背景が鈍感し、同時に、明暗の抜群コントラストもさらに強め盤面全体の解像度を読んで時になっても1件の事を楽しむ人。もちろん、「星の瞬き」だけではないことを照らす盤面ので、針上部層が白い夜光材質、便利な光の不十分な場合、考えて、美しい星空に装着しているという1項の星空をテーマにした腕時計、絶対B格たっぷり(雾霾暴れ地域の大衆地道洗って寝)。表の配備の1本の黒いエルメスワニ皮バンド有効で84ダイヤモンド、1粒のオパールや、バラの金材質ケースがもたらした贅沢な雰囲気と同時に、そのもと深い河盤面相輔性、さらに顕優雅な息に見える。


« 上一篇下一篇 »