25
2017
11

ブランパンBlancpain再び手を携えて「エコノミスト」誌で第四回世界の海洋サミット

2012年、ブランパンBlancpain手を携えてエコノミスト誌を開始した第1期の世界の海洋サミットを受け取って、全力を尽くして応援する海洋フォーラム。

2017年2月下旬に、第4期の世界の海洋サミットはバリ島で盛大に行われ、ブランパンとエコノミストが再び手を携えて、成功をこのように注目する目的の世界的な海洋イベントとして、共同で第2回「海洋革新に挑戦戦」。セーシェルの代表からは、開拓的金融機関の提案で最終的に優勝した。

2017年2月22日- 24日、第4回世界海洋サミットはインドネシアバリ島島で盛大に開か。グローバルリーダーの地位の海洋経済フォーラムで、今回のサミットが集まった世界多くの政界、経済界、学術界や非政府組織の指導者として、共同で検討して持続可能な海洋経済の構築。合計400位、世界各地からのスポークスマンと参加者大会に出席し、人口規模と人員構成の面では大成功して。

今回のサミットは実際の結果を構築する海洋大会で、どのように責任を負って、持続可能な発展の靑い海経済方式を提供する具体的な推進プログラム。ブランパンをサポートすることができる世界の海洋サミットの成功を目標にして喜んで。は3日間の会議では、各国政府や組織と企業の切実に富んだと多くのを承諾して、この成果を十分に説明した組織と海についての、統括各界(を含む民間部門)の海洋大会が重要な意味を持って。また、これらのコミットメントは、持続可能性の問題はすでに経済成長の核心の要素の強い希望を避けることができる、発展途上国は先進国に経験したミスルート。


« 上一篇下一篇 »