02
2017
11

第1回FHHアジア高級時計展「時計と奇跡」予熱

2013年きゅう、く月25日が28日、高級タブ基金会FHHが香港コンベンションセンターで開催の第1期のWatches and Wonders(時計と奇跡)展示。これはFHHその所主催のジュネーヴ高級時計サロン(SIHH)のほか、初の大規模なヨーロッパ以外で行われる規模の展示、この「アジア表展」の普遍的な業界はスイス時計業が重点の輸出市場アジア市場の動きを重大キック。

とSIHHメディア向け専門、小売、コレクターのプライベートサロン性質が違うのは、WWアジア表展も一般消費者に開放して、ただ出展ブランドの小売店を参与して招待状を表で展示。今回出展されてWWも普遍的ブランドや展覧会組織側はさらには主に一般消費者の時計文化紹介と消費習慣を育てる。きゅう、く月末に置いては、初めはSIHHに出展されたほとんどの概念性新製品はすべての量産を見ることができて、現物し、その後の十一週間消費シーズン香港で実際に現地を購入し、しかも四日間の展示期間も一定にこだわりを持つに通行許可証の大陸の同胞十分に三日の買い物時間。主催者は心がある人だと言える!

SIHHと類似して、历峰傘下のじゅういちブランド悉数出展、ラルフローレン合弁の腕時計ブランド現在進展不快かもしれなくて、まだ出ない実際に製品を販売している。加えて、ここ数年はとても熱いリチャードミラーとトップの伝統的な家族のブランド、全部で13のメーカーのブランド、製品ポジションはハイエンド以上。历峰専門タブなどのブランド:、、积家、伯爵、すべて比較的に伝統的な高級ブランド、それが四軒に加えてオーデマピゲならば、もし独占以外とフィリップ以外の前に五、信じてもはあまり紛争。加えて新入の買収の独立ブランドロジャー杜彼方や、万国、オフィチーネ・パネライ、この3つのブランドも各特色があって、膨大なファン層を形成。历峰専門タブブランドには名士を比べ7つの相対的実務と親民いくつか。また、梵グラム雅宝、カルティエ、モンブラン、三人の総合的なブランドが、この三家の腕時計業務ここ数年も非常に強い。


« 上一篇下一篇 »