25
2017
09

ル・マンの帝王に敬意を表したショパールの限定モデル未命名文章

毎年6月にフランスのサルト・サーキットにて行われるル・マン24時間耐久レース。そのトップカテゴリーであるLMP1クラスに参加し、先日、自社の持つ歴代最多勝利記録を19勝に更新したポルシェ モータースポーツへのオマージュとして、ショパールより「スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HFエディション」が発表された。

「スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HFエディション」はメカニカルのパフォーマンスと性能の高さという点において、先日のル・マンでチェッカーを受けたマシーン、ポルシェ919ハイブリッドを意識した設計、製作がされている。

 ポルシェ919のパワーユニットは高出力のV型4気筒エンジンとモーターを合わせたハイパワーなものであるが、24時間を闘い続けるだけの安定性も兼ね備える。対して「スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HFエディション」も、ムーブメントのCal.01.11-Mは5万7600振動/時を誇るハイビートなムーブメントでありながら、約60時間ものパワーリザーブという“燃費の良さ”を持ち合わせている。

 直径45mmと大ぶりのケースは耐久性の高いビーズブラスト加工のチタン製となっており軽量だ。さらに、ブラックDLC加工によるカーボン膜は耐傷性を向上させた。このような軽量さと耐久性の両立という点も、非常に軽量で硬度の高いアルミニウムと炭素繊維複合素材によって製造されたポルシェ919との共通点だと言えるだろう。

 また、文字盤外周に配されたタコメーターを想起させるアラビア数字のインデックスやスリックタイヤを意識したラバーストラップ、レッドの地色にホワイトでプリントされた「919」の文字など、他にもポルシェ919を連想させる意匠が随所に施されている。

「スーパーファスト パワーコントロール ポルシェ 919 HFエディション」は世界限定100本のみの生産で、ショパールブティックでの取り扱いとなっている。


« 上一篇下一篇 »