15
2017
09

広州消費者は京東で「全網最低」の時計を買って、はったり

広州の消費者は京東のショッピングセンターのある企業が購入した1700元かかる1項と全網最低」の腕時計、まさか翌日は別の企業とすれば1万6000元モデルを発見。

広州の黄さんは2015年はち月じゅうよん日の京東のショッピングセンター(亚商時計専門店)で購入した腕時計、価格は1700元、当時製品ページ「100%スイス表記新しい代購品、全網最低、支持検査、100 %実物は撮影する」。黄さんの時計が受け取る準備商品を受け取ることを確認したところ、京東他店舗販売同モデルの価格は低く、黄さんは業者を採用して不正行為を虚偽や欺瞞的な宣伝は、消費者の合法的権益を侵害したとして、黄さんに消えて広東省委員会の苦情。

省委員会のスタッフも同苦情受付してすぐに京東のショッピングセンターの連絡を経て、協調、ビジネス連絡黄さんに同意賠償の商品の差、販売価格は1700元、その商品の京東の最安値は16302元、値幅1198元ミスとして広告の賠償。黄さんは受け付けず、「三退要求し、京東のショッピングセンター」と満足できない金額が高すぎて、消費者の訴え、調停は成功しない。

今年きゅう、く月いち日施行の「新広告法』で判明確かに広告の語の使用を決定する、「全網最低」などの表現は使用禁止用語の限界。

事実上京東プラットフォームの価格に達していない企業も「最低」、その広告についての価格の説明は虚偽宣伝によって疑い、新「消法』第55条の規定により、消費者に対し「退し3」の要求がないわけではない。

このケースは、広東省委員会は提案する広大な消費者、行き過ぎ迷信広告、特に極限の広告用語。


« 上一篇下一篇 »