28
2017
08

インテリジェント時代と行人の自動操縦自動車

ダイムラーは、未来自動操縦自動車のビジョンについては、未来自動操縦自動車のビジョンを展示。ダイムラーグループの社長蔡澈(Dieter Zetsche)自らが階段を展示した台F015コードのコンセプトカー、この車は未来感の細長いの造型、前の座席が後ろへ回転。登りブースの前に、この台のプロトタイプ車は砂漠地域や、赌城繁華街を実地展示。

この電力駆動のコンセプトカーとして、靑のグリルはブルーのLEDをバックライト。このような設計ではなく美しいため、一方で、通行人を開くかどうか判別この車はライトは自動運転は人工運転状態になり、また、照明が通行人には、自動車の識別の道は人の存在:1組のLED燈根行人の方位によると、グリルで往復にきらめいて。車の尾の赤色LEDランプも警告後車、前方に通行人が通っている。

蔡澈強調したい、ダイムラー建設自動運転技術に必要な情報交換システム。例えば、車が歩行者との対話に告げるが、道を渡って、甚だしきに至ってはレーザーで道路の上で1本の横断歩道を投影。しかし、ベンツ会社は、そのコンセプト車をモデルとする量産車はいつ上場できますか。また、蔡澈は、現在多くの指摘して管理と倫理問題:もし1度の避けられない事故に直面して、システムは自動運転れらの反応は?「これは全体の自動車工業共通の問題も、共同で解決しなければならない」と言って、蔡澈。

また、自動車は技術的に技術上ではなく、経済的にもお得をしなければならない。「自動車の共有領域、自動操縦自動車が広い発展空間があります。」この分野では、すでにそのダイムラー自社ブランドの短期賃貸プロジェクト「Car2go」と貴重な経験を得た。

自動運転車は今期のCESの展示会の核心のテーマ。ダイムラーのライバルアウディ彼らの自動運転自動車道シリコンバレーから駆けつけたラスベガス、約900キロの行程。一部の部品メーカーも自動操縦する技術を展示している。例えばアウディと協力のグラフィックスカードメーカーNVIDIAが展示された1種の自主学習システムは、それは急速に正確な識別生物や物体、甚だしきに至っては識別違う車のブランド。


« 上一篇下一篇 »