06
2017
07

二十年アテネ軍艦の伝奇の誕生と継続

 じゅうご世紀からじゅうななじゅうしち世紀は、ヨーロッパ資本主義の急速な発展に地理的大発見、世界最盛期の段階で、ポルトガルとスペインこの二つのヨーロッパ民族国家に始めて遠徴して海を探求して広大な海の向こう。1519年、ポルトガル航海探検家マゼラン率いる探検艦隊を始めた世界の航海史の上で最も有名な世界の航海の旅、~1522年、マゼランに完成した人類史上初環球航海旅を明らかにするのが完全な世界の版図は、それ以来、人々の目を見て更に遠い所から。大航海時代始めから、ずっと、現代の海上の覇権の争奪戦を停止しないため、世代がヒーロー、と偉大な艦隊。
じゅうく世紀半ば、1家の制作航海時計の会社が誕生したのはスイス、創始者Ulysse Nardinさんは自分で勉強した時計の制作技術、制作した多様な精密な時計を何度も含め、当時の著名なロンドン国際博覧会、パリ環球博覧会、シカゴ環球博覧会などの世界の博覧会の中の金賞。また、アテネ表の航海鐘が品質抜群、多くカ国の海軍に配備され、近代中国海軍も含め。アテネと海の深い縁は現存する時計ブランドでも唯この家であり、早期海洋計器スタイル伝承の最も純粋な家。
世紀の後半に、深く業界的危機の影響で、ほとんどアテネ表のように、1983年、施耐德さんがリーダーの財団の支持のもとで、アテネ表易主を新しい時代に入った。機械人形時報、天文三部作、奇想陀はずみ車など一連の現代の革新として、バンドをアテネ入機械表復興の大軍を全面的に、実り多い成果。伴うアテネ復興の道を行くアテネ腕時計の中で、1本の独特の艦隊は、それらを呑み込んで、声を詰まらせて、歌って勇進、歴史上最も有名な船や旗艦をもとに、アキュラ時代の快挙も今日を殘して、繁栄の凱歌。

« 上一篇下一篇 »