05
2017
07

ブランパン「ハート海洋」特別展東南アジア初上陸

 1953年に正式発売の第1枚の50噚腕時計以来、悠久の歴史と靑い海のタブブランドブランパンの確立との密接なつながりを保つ。さらに海洋の承諾を履行の保護を強化し、公衆が全世界の範囲の内で保存海洋にこの重要な資源の緊迫意識、ブランパンでマレーシア首都クアラルンプール盛大に「心を開いて海」をテーマに巡回展の幕が、これもこの展覧会は初めて東南アジアで開催。
左から右に:マレーシア高登時計社長Tay Liam Khoonさんで、海洋科学者、ブランパン親友ローレン·巴セレス塔さん;ブランパン副総裁兼市場監督と語るDelamurazさんで、水の下でカメラマン伊姆蘭・アフマド;ブランパン地域販売マネージャー迪メートルテリー・奥贝特
2016年ななしち月27日、展覧開幕イベントでクアラルンプールランドマーク的建築KLCC(Suria KLCC)に行われる。ブランパングローバル副総裁兼市場監督と語るDelamuraz、ブランパン「海心」の公益事業パートナーローレン·巴セレスタワー(Laurent Ballesta)と伊姆蘭・アフマド(Imran Ahmad)や、小売商ブランパン協力高登時計(Cortina Watch)が共同で開幕式に出席し、一緒に人気ブランド親友、時計ファンなどの貴賓光臨。開幕式が終わった後に、ゲストに来てたレストランに到場しノ(NOBU)と共に八道式和食の宴。

« 上一篇下一篇 »