18
2017
04

オフィチーネ・パネライと聖母百花大聖堂協力複修フィレンツェ大聖堂機械時計

 フィレンツェ主教会の大時計の機械装置復の修復工事が正式に完成する、今日正式デビューはフィレンツェ。時計も名付けて「ポール・ウッチェロ時計」を記念してルネサンスの偉大な画家は1433年絵画の美しい射出。時計は教会の内部正門の上に、位置に隠れて、全世界のごく少数の表示は「イタリア時間」(Italic Hours)の大時計。
花の聖母教会(Opera di、マリアdel Fiore)とオフィチーネ・パネライ協議で、時計の復修工事依頼の2人の偉大な世の中の時計界フィレンツェI.S.I.S Leonardo専門家――da Vinci時計複修学院のAndrea Palmieri教授やUgo Pancani教授。オフィチーネ・パネライでの支持と貢献の下、時計復旧工事が顺調に完成させ、機械装置が再びスムーズな動作。オフィチーネ・パネライを高級運動腕時計ブランドは、1860年フィレンツェで創立して、その長い歴史の専門店向け講堂(Baptistery)、洗濯とは大司教宮殿(Archbishop ' s Palace)の主な教会わずか数〓距離。

« 上一篇下一篇 »