28
2017
02

瑞宝Chronoswissエナメル工芸の腕時計

 今年瑞宝Chronoswiss初再発売半透明全白エナメル文字板デザイン、急に見ると90年代のOreaエナメル表に似ているが、違いは今年の新作はChronoswiss自宅文字盤工房出品、もう一つの特徴は時間尺度数字はエナメル面印刷では、文字盤にアップリケので、ダイヤルを固定に穴ドリル標的工程が非常に注意して。
瑞宝新色と新デザインの組み合わせが、より多くの視覚に訴える:その中の1項の二色エナメル文字盤、中央部分は白いエナメル、週りはサファイア色エナメルが、依然として可視半透明エナメル下の美しい機刻パターンと、また気に者は靑い部分はもう離れており琅焼い镶拼、塊状色違いではなくエナメル板焼きに直接、エナメルの職人の技術は大きな挑戦。

« 上一篇下一篇 »