16
2019
07

有名なスター、エリック・アビダルがゼニス腕時計工場を訪問

最近、ゼニスの古くからある時計製造工場は、エリック・アビダル財団の会長と元サッカークラブの有名なサッカー選手エリック・アビダルの訪問を歓迎して光栄に思いました。 。訪問中、エリック・アビダルはゼニスの時計の製造工程を観察し、時計職人たちを主演させました。彼の意図的な表現は伝説の星の内向的で細心の注意を払う面を明らかにしています。現場では、Eric Abidalは、熟練した職人技と熱意の献身を感じ取ることしかできませんでした。そして、それは150年の間時計製造の世界で揺るぎない地位を築きました。

16
2019
07

高トランス「継承プロジェクト」の手作りウォッチが出ました

職人技を結集し、職人技を引き継ぐという強い意欲によって動かされて、「ル・ガルド=テンプス -  Naissance d’une montre」プロジェクトはねじれと回転を経験しました、そして今、それは完全に組み立てられた実用的な腕時計を始めます。 私たちは最初の時計を(2016年末までに配達される予定です)先行販売することを誇りに思っています。 この時計シリーズは11の時計で構成され、この山岳作品は数人の時計職人の粘り強さを物語っており、過去を追求し続けることを決心しました。 この時計はまた、技術的な探究と人間の歴史を目撃しました。 この新しい作品は歴史の新しい章でもあり、時計製造の遺産でもあります。 さらに、それはPhilippe Dufourによって設定された品質基準と完全に一致しており、時計製造プロセスの価値は自明です。

16
2019
07

カシオSHEENは新モデルSHE-4043のシンプルなシリーズをリリースしました

明るい日差し、晴天、緑豊かな森、夏はここにあります!あなたの薄いコートを脱いで、あなたの肌が太陽を楽しむようにしましょう。日本のカシオのメタルハンドウォッチブランドSHEENは初夏に新モデルSHE-4043を発売しました。


ヴィンテージローマンスケールがエレガントな文学的雰囲気を醸し出しています


3本の針のシンプルなシリーズのシンプルなデザインに続いて、繊細なステンレススティールストラップのついた小さな文字盤、ナチュラルでフレッシュ、誇張されていません。 2、5、8、11時のスケールにはエレガントな手書きのローマ数字が使われており、淡い色の手書きのローマ数字にはスワロフスキーのクリスタルが点在しています。同時に、異なるサイズのアラビア数字で、小さいダイヤルの遊び心と新鮮な女性らしさの間のバランスはエレガントにバランスがとれています。

15
2019
07

感謝の母は2015母の日に捧げバオQilaiが大好き

Yalijia TwoToneウォッチ


Yaleka TwoToneウォッチの美しい曲線は、女性らしい柔らかさを際立たせ、ツートーン素材で親愛なる母親のための最高の視覚的楽しみを作り出します。 このデザインの本質は、シルバーダイヤル中央のやや濃い上品な縞模様で、時計の湾曲と直線だけでなく、文字盤の両側にあるダイヤモンドも強調されています。 ストラップもツートンカラーとペアになっており、ツートーンカラーの美学はデザインに従っています。

15
2019
07

マーク・ウェバーがショパールの新ブランド大使になる

チャンピオンの経歴


オーストラリアで素晴らしい記録を残した後、マークウェバーはファーストクラスプログラムの彼の夢を実現したいと考えています。彼は最初にF3000レースでプレーしてから、ファーストレベルのプログラムに出場するチャンスを得ました。 2002年に、彼はMinardiチームのメンバーとして最初のパーティープログラムに参加しました。 2009年、彼はレッドブルレーシングに参加し、ドイツGPで初優勝しました。 Mark Webberは12回の第1レベルプログラムシーズン、36回の表彰台、11回のポールポジションを経験し、9回のグランプリチャンピオンシップを獲得しました。彼は、ドイツの自動車メーカーが世界耐久選手権(WEC)に復帰するのを助けるために、2014年にポルシェモータースポーツに参加しました。経験豊富で丈夫なレーサーとして、マーク・ウェバーは、世界耐久選手権でポルシェを代表して、そしてル・マン24時間での勝利で、今年のような彼の野心的な目標に先んじて自分自身を設定します。彼の哲学はショパールと一致して、そして厳しく精密なパフォーマンスと機械的な革新を追求します。

15
2019
07

子供向けの素敵なペン、IWCに注目を集める

ローレンスワールドスポーツアワードが上海で発表され、世界最高の選手たちが集まった当時、スイスの時計製造会社IWCからのこのスポーツ時計も輝いた瞬間に幕を開けました。エンジニア自動巻きウォッチ「ローレンススポーツ財団」(モデル:IW323909)の特別版は、IWCによる財団専用の第9特別編時計として機能し、財団の公共福祉事業を完全にサポートしています。中国の有名な体操選手、数多くのオリンピック金メダル受賞者、そして世界チャンピオンのLi Xiaopengと、IWC北東アジア担当マネージングディレクターのMr. Goris Verburg、およびLawrence World Sports Instituteの会長であるEdwin Mosesと、メディアはスイス、シャフハウゼンからのこの限定版クラシックウォッチを紹介しました。象徴的なローレンスブルーは、この時計の使命が展示時間をはるかに超えていることを明確に表しており、その売上の一部はローレンススポーツ財団に寄付され、世界中のスポーツ関連の発展を支援します。社会的プロジェクトは、苦しんでいる子供や青少年の弱者のグループの生活環境の改善に貢献します。

13
2019
07

OpenSSHでリモートからユーザー名を列挙できる脆弱性

 SSHは2006年にRFC化されており、RFC4250-4256が認定されました。この一連のRFCの中にある、RFC4252でユーザー認証(パスワード認証や公開鍵認証)について規定されてます。

 このRFC4252については、USENIXのサイトで日本語の説明を読めますが、この中の「SSH_MSG_USERAUTH_FAILURE(実装上はSSH2_MSG_USERAUTH_FAILURE)」を返す実装に問題があり、これにより外部からユーザーが存在するか否かが分かってしまうというものになります。

13
2019
07

Garmin、タフネスGPSウォッチ「Instinct」を300ドルで発売

3軸コンパスや気圧高度計を搭載し、複数の全地球測位衛星システム(GPS、GLONASS、Galileo)をサポートする。また、GPSやセンサーを利用して往路と同じ道で出発地点に戻れるナビ機能「TracBack」も利用できる。

 耐久性は、米国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性(水深100m)。ケース(45×45×15.3mm)は繊維強化ポリマー製で、バンドはシリコンだ(交換可能)。重さは52g。

13
2019
07

モンブラン、Snapdragon Wear 3100搭載スマートウォッチ「SUMMIT 2」発表

ウェアラブルプラットフォーム「Snapdragon Wear 3100」を搭載し、Googleアシスタントに対応。ウォッチ内蔵のマイクを使った操作やリマインダーのセッティング、心拍数のチェックもでき、着信、メッセージ、ソーシャルメディアアップデート、カレンダーイベント、ニュースなどの通知も直接受け取れる。スマート返信、手書き、キーボード、音声などの対応機能も組み込み、1週間利用できるバッテリーも備えている。

 フライトプランに基づいて新しいタイムゾーンへ調整できるようアドバイスを提供する旅行者向け機能「Timeshifter」を搭載。旅行者に関連するさまざまな情報を提供するモンブラン専用の旅行情報アプリも用意し、多言語に対応した音声認識トランスレーターが翻訳する。「Google Assistant Google Pay」を追加すればキャッシュレス決済も可能だ。

12
2019
07

宙に浮くように3軸回転イストワール・ドゥ・トゥールビヨン 9

 

宙に浮くように3軸回転

3輪トゥールビヨンとWレトログラードとを統合。限定10本。

ケース径: 46.5mm
ケース素材: 18KRG
ベルト素材: アリゲーター
防水: 3気圧
ムーブメント: 手巻き
価格: 予価6950万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P31
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

12
2019
07

HW オーシャン・バイレトログラード パーペチュアルカレンダー オートマティック42mm

 

オーシャン20周年

日と曜日をレトログラードとした永久カレンダーを搭載。

ケース径: 42mm
ケース素材: 18KRG
ベルト素材: アリゲーター
防水: 10気圧
ムーブメント: 自動巻き
価格: 予価630万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P31
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

12
2019
07

四角に仕立てた堂々たる複雑機構スイス アルプ ウォッチ ミニッツリピーター

 

四角に仕立てた堂々たる複雑機構

2つの複雑機構を載せながら、ケース厚は11㎜に抑えた。ブリッジに設けた切り替えとケースの隙間に巧妙にゴングを設置。ダイヤルはキュビズム初期の絵画にも似る。ブリッジを割り、ゴングを円弧に曲げた部分をハンマーが叩く配置に。これで打点の面積は小さくなり、力が集中し、音量と音色とを高める。音質にもこだわった。限定5本。受注生産。

ケース径: 44×38.2mm
ケース素材: 18KWG
ベルト素材: アリゲーター
防水: 日常生活
ムーブメント: 手巻き
価格: 3600万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P30
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

12
2019
07

モーザーを代表する機構とダイヤルエンデバー・パーペチュアルカレンダー ピュリティ

 

モーザーを代表する機構とダイヤル

インデックスを最小限としたコズミックグリーンに、7日巻きの永久カレンダーを搭載した。限定50本。

ケース径: 40.8mm
ケース素材: 18KWG
ベルト素材: クーズー
防水: 日常生活
ムーブメント: 手巻き
価格: 650万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P30
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

12
2019
07

より美観を高めた新ダイヤル(ハジメ アサオカ)

 

より美観を高めた新ダイヤル

高い慣性モーメントで精度を得る巨大テンプは、2つのマスロットで歩度調整する設計。その下に見える2番車の造形も美しい。ダイヤルは中央のグレーを研ぎ出しとし、周囲にフレームを設けた。ダイヤルは洋銀の削り出し。塗装と研ぎを繰り返し、美観を高めている。ミネラル顔料の仕様により、退色しない。受注生産。

ケース径: 37mm
ケース素材: SS
ベルト素材: アリゲーター
防水: 日常生活
ムーブメント: 手巻き
価格: 285万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P29
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

11
2019
07

オメガがすべての時計の保証期間を5年に延長

 オメガがブランド全製品の保証期間を5年に延長することを発表した。この背景にある大きな要因として、近年マスター クロノメーター認定制度の導入により、いっそう厳格な精度、パフォーマンス、耐磁性能を自らに課したことが挙げられる。同時に昨年、スイス・ビエンヌの本社に最新設備の新工場を設立したことで、以前にも増して精密な検査が可能になったことも。ユーザーにはうれしいニュースだ。

日本ロレックススーパーコピー専門店。NOOBスーパーコピー時計老舗、レプリカ時計高い品質、送料無料。2019工場直販「10%OFF!更に5%ポイント還元!」https://www.noob2016.com/
11
2019
07

ボーム&メルシエの人気シリーズに贅沢な多機能ウォッチが登場

 

2013年に投入されるやいなや、1950年代の自社モデルをベースにしたクラシカルでドレッシーなデザインが人気を呼び、瞬く間にボーム&メルシエのフラッグシップ機に成長した「クリフトン」。以降、毎年ラインナップを拡大しているが、今年も魅力的な新作が加わった。

今回発売されるのは、「コンプリートカレンダー」「パワーリザーブ レトログラードデイト」「オープンバランス&パワーリザーブ」の3モデルである。

11
2019
07

ゼニスが考える全く新しい調速装置、ついに量産決定か!? デファイ ラボ第2弾を公開

 

ゼニスが今年のバーゼルで発表する新作情報を特別に入手したので、本誌の読者だけにその一部をお見せする。

新作は2017年ゼニスが発表した「デファイ ラボ」の第2弾。最大の特徴は"オシレーター" と呼ばれる、ゼニスが独自に開発した調速装置の搭載にある。およそ3世紀半前、テンプとひげゼンマイによる調速機が発明されて以来、すべての機械式時計はこれと脱進機を組み合わせた機構を採用してきた。だが、このモデルではテンプの代わりに、厚さ0.5㎜の極薄シリコンパーツを取り入れ、これが毎秒36振動(通常は8振動)を行うことにより、日差±0.3秒という驚異的精度を実現している。従来30個ほどの部品からなる調速機が単一パーツとなったことで、摩擦、摩耗、変形などが激減し、さらにシリコン製なので温度や磁力の影響を受けにくく、オイル注入も不要となるのだ。その品質は、耐磁性 (ISO-764)、熱衝撃耐性 (ISO-3159)、計時精度はTIME LABによる認定という3つの規格において保証されている。